縛られたい 奴隷になりたい 首輪をされたい 調教されたい M女のためのサイト

あまいSM せつないSM 

M女調教日記 SM主従関係

SM調教 せつなくあまい 音がする

投稿日:

 

やっと会えた。

世間から見たら違うと思われる、マイノリティな関係性。

だけど、確かで深いのが主従だ。

 

お互いを確かめるように、そっと、表情を確かめあい、目が合い、そして俯く。

 

縛りながら、鞭を使いながら、仕置きしながら、奉仕をさせながら、服従の言葉、奴隷の誓いを復唱させながら、思うさまざまがある。

それは奴隷も同じだ。

だから、多くの言葉は必要ない。

確かめ合う静かな時間の中で、音がある。

SMにはSMの音がある。

小さく、かすかだけれど、胸の奥にまで響く音がある。

そんなこと、書いてみる。

 

 

SMの音

 

茶碗の音。

テレビの音。

好きな唄。

ドアの開く音、街の中からひとりになる、ドアの閉じる音。

灯りをつける、消す、ぱちんという音。

 

暮らしに音があるのと同じでSMにも音がある。

せつなく、心に響く音がある。

 

こすれる縄の音

 

しゅっしゅっと、小さく聞こえる。

するする。

きゅっ。

 

縛るとき、縛られるとき、聞こえる。

 

縄に抱きしめられるそのとき、かすかに聞こえる音がある。

これから主の思うように扱われ、主のために自らの心と体を捧げる覚悟を決めさせるための音だと、奴隷として飼い主に管理、飼育、所有されているのための音だとM女は思う。

肌に食い込み、体の自由を奪われ、責められ、じらされ、誓わされ、幼い頃に退行し、解放する。

そんなさまざまを感じながら、M女は縄の音を遠くで聞く。。。

 

繋がれるチェーンの音

 

髪をあげて、首輪を受ける。

かしゃんと音がする。

首輪をチェーンで繋がれたのだと理解する。

厳しく躾けられているから、その音を合図として、自らメスの四つん這いになる。

 

私はチェーンを背中において、ぐいっと引く。

じゃらんと音がする。

繋がれている自分にリアリティがある。

つまり、自分の立場をあらためて、実感する。

奴隷であること。

飼われていること。。。

 

繋がれ、四つん這いで部屋を歩かされる。

主が手に持ったチェーンを振ると、じゃらじゃらと音がして、いつものように歩みを止める。

そのままの姿勢で次の命令を待っていると、主の言葉が上から降ってくる。

お座り。。。

伏せ。。。

その姿勢をつくるとき、金属が触れる音がして、そして濡らす。

そのことをとがめられ、ごめんなさいと恭順を伝える。

 

次の命令を聞いただけで、体が揺れて、チェーンの音が部屋に響く。

ちんちんしてごらん。。。

 

命令をこころに染み渡らせるために、少しの空白の時間があって、そして命令されたポーズになるとき、ごとごとと電車のようにチェーンが鳴る。

 

その音が愛しく、温かくなる。

そして、忙しくて置きざりにした、幼い自分に気づいて、大丈夫だよと声をかける。

 

こだまする鞭の音

 

痛いだけだったのが、少しずつあまくなる。

ぱんぱんという音は、ぱちんぱちんと変化して、びしっびしっと耳に響く。

遠くから聞こえるようでもあり、耳のすぐそばで鳴っているようでもある。

 

教えられたお仕置きのポーズ。

振り下ろされる、皮でできた鞭。

捧げるように、私にさしだされた尻が紅く染まっていく。

 

ひっひっと打たれるたびに背中をそらせていたけれど、あぁ‥あぁ‥と被虐の悦びを感じ始める。

一度鞭の手を止めて手のひらでなぞると、熟れた桃のような尻は熱い。

そのとき、ふと、わかるものがある。

通常の恋愛では、もしかしたら、わからないことなのかとも思う。

 

ビルのすきまに、やっと見えた夕日をただ見つめている姿。。。

今の自分を認めることができなくて俯いたときに、そっと通りすぎる風。。。

団らんの家の灯りを横目で確かめて、靴音を響かせて歩いている、私の奴隷。。。

ひとりでご飯を食べて、田舎に電話しようとして、やめたり。。。

髪を洗いながら、少しだけならいいよねって自分に聞いて、流す涙。。。

 

そういうのが、なんとはなく伝わってくるから、なぞっている尻を手のひらで叩く。

あん、と、今までとは違う喘ぎはあまさを湛えている。

私はもう一度、鞭を手にする。

もし私が、主であるのに、不覚にも涙をおとすことがあったとしても、尻と背中を叩いているあいだだけは、見えないから。。。

 

静かな部屋に鞭の音だけが響く。

少し哀しく、はかなく、響く。

 

音のない音

 

素直だったから、厳しく調教したから、おいでと言ってとなりにはべらせる。

腕枕をして、縄のあとをなで、髪を梳く。

M女は私の片足を両足ではさみ、女をあて、濡れ具合、温もりを私に伝える。

唇を指でなぞり、歯を合わせる。

 

そんなとき、音は私たちには聞こえない。

肌の擦れるかすかな音も、受け身のキスを受ける音も、シーツの音も聞こえない。

ふたりぼっちの、音のない時間。。。

 

絹の音

 

シャワーの水の音がする。

私はソファで、少し震えている。

シャワーを終えて、生まれたままの姿で私の前に立つ。

許可を与えると、ひとつひとつ纏っていく。

 

もうひとりの自分、というのか、もうひとつの世界なのか、そういうものに戻るために、私に許しを請うように、服で自分を隠していく。

絹の擦れる音を遠くに聞いているとき、私は無力だ。。。

 

そして、少し前まで裸で抱いていた体を、服の上から抱きしめる。

繊維の音が哀しく、かすかな音なはずなのに、耳の奥にこだまする。

 

日常に戻りなさい。。。

がんばりなさい。。。

しあわせでいなさい。。。

M女は私の腕の中で、ひとつひとつに、はいご主人様と応える。

 

体を離したとき、奴隷の目から涙がおちた。

ぽつんという音を、私はそのとき、はっきりと聞いた。

-M女調教日記, SM主従関係

Copyright© あまいSM せつないSM  , 2021 All Rights Reserved.