縛られたい 奴隷になりたい 首輪をされたい 調教されたい M女のためのサイト

あまいSM せつないSM 

M女調教日記

奴隷がご主人様を癒す  ちえと首輪

投稿日:

 

 

 

いつものおばちゃんの定食屋で飯を食っていた。

テレビはプロ野球をやっていて、自分と遠いことのように感じる。

隣の席で、家族がご飯を食べていて、あれ、と思った。

さみしくない。

 

ハグって食べる男の子。

それをやさしく見る両親。

コタツとか茶碗とか、半纏とか、そういうのを感じて、いつもなら辛くなるのに、それがない。

なんでかと、とても不思議に思いながら、野菜炒めのつゆをご飯にぶっかけてかっこんだ。

 

定食屋の婆あ

 

お母さんが、自分もラーメンをすすりながら、男の子を見守っていた。

カツカレーを頬張ると熱くてこぼして、夫婦は笑った。

家族がいる人しかできない笑顔だった。

 

忘れようとした風景だった。

避けていたことだ。

 

おばちゃんにビールを頼む。

「そこから出して」と言われて、冷蔵庫から出して飲む。

肴にみそ汁を飲んでいると、だんと音がして、おばちゃんがお新香をくれた。

しょっ辛い沢庵をかじりながら、ちえを思った。

 

腰が痛いのをおばちゃんは話しはじめた。

「あの先生はだめだ、あっちがしのなんとかいう病院がいいらしい、あんた、聞いてるか」

私もこの街に20年住んでいる。

商売をしているから、いろんな話も聞く。

「知らないよ」

家族を、もっと見ていたくて、ビールを飲んだ。

「もう一本」

「あした、しごとなんだろ?」

やめとけとか、帰れとかおばちゃんのことばを聞きながら、家族をそっと見ていた。

もうすぐ、ちえの顔がみれる。

 

おばちゃんが、あれこれ世話を焼いてくれたのがうるさくなって、うるせえなあ。

 

家族が帰って静かになった。

おばちゃんはぶつぶつ言いながら奥に消えた。

うるさいからテレビを消した。

そうしたらさみしくなって、ちえの面影を思った。

 

スカイプ調教 画面の向こうの奴隷

 

時間になって、パソコンをつける。

会えないときはスカイプ調教だった。

動画の向こうにちえがいた。

 

途方に暮れたような、中途半端な表情はいつものことだ。

少し眠たげで、少し疲れた感じが女らしかった。

 

どしんと気持ちが落ち着いたのは、首輪を見たときだ。

首には赤い細い首輪をしている。

私は買い与えたものだ。

何気ない話をしながら、なにかが溶けていく。

 

自分の生い立ちをマイナスに考えている自分と、それを赦そうとしている自分と、そのことを力にしようとしている自分がいつもいる。

コースは言う。

「あなたの中に、平安も癒しも強さもすでに完全な形である。あなたは宇宙の愛にすでに包まれている。あなたは孤独ではない」

それは自分に言い聞かせてきたことであり、愛した奴隷に語ったことである。

 

裸を命じる。

 

ちえのもうひとりの、隠していた部分と向き合う時間だ。

表情の変化でこころの変化がよくわかる。

ちえはいつも少し哀しい顔をする。

次にせつなそうになり、それからマゾの表情になる。

女としての繊細さが、はかなさを感じさせる。

それがM性と絡み合う感じがいい。

 

少し怒ったような顔が少しずつ、静かな安らいだ感じになる。

ローターを入れさせたり、恥ずかしいポーズを命令しながら、香りや柔らかさを思う。

画面の向こうで喘ぎながら、まだふっきれていない、それでも命令に従っている。

静かな時間が流れている。

 

待ちわびていた調教に、体は火照っているのは、奴隷だったから私にはすぐにわかった。

尻を床について、足を開いて、ローターを入れさせた。

「見えるように顔を上げなさい」

「はい、ご主人様」

スイッチを入れさせる。。

びくっと跳ねて眉を寄せる。

止めさせる。

そのままにすると、唇を少し開いて辛そうにした。

弱くいれて強くしたり、止めさせて、ちえを追い込んだ。

 

排泄の姿勢でローターを吐き出させる。

「出しなさい」

「入れて」

「出して」

「恥ずかしいから許してください」

「もういちど」

躊躇しているから、ほら。

「生んで見せて」

 

いれたままで、スイッチを入れさせる。

 

できなくて逡巡しているのがかわいくて、でも許さない。

「ストップ」

「だしてみせなさい」

「きれいにいて」

「飼い主に見せてごらん」

ご主人様って、かわいがりたいのに毅然と向き合わなくちゃならない時、辛い。

 

いじめるほど、この子はステキになるけど、ついかわいがりたくなる。

だから少しずつ、調教を厳しくしようと思いながら、かわいくていい子いい子とつい。。。

 

遠距離不倫主従関係恋愛

 

家族がいて、しかも遠い人ははじめてだ。

遠くて既婚者は、調教しない。

けれど真剣なメールだった。

だからメールを返して、スカイプで調教のまねごとだけでもしてみようとなったのが始まりだった。

 

いつも会える距離ではない。

しかも、子供さんがいる。

旦那さんとも、舅ともうまくやっている。

妻でありお母さんであり、かわいいお嫁さんだ。

一度会ったときもわずかな時間だけ、縛り、鞭を使い、話をした。

不倫だし遠距離だ。

会えないし、動画もままならない。

 

それでも私は、ちえを飼っている。

ちえは私に飼われている。

所有者で、飼い主で、管理者だ。

だからこの子の奥は、私しかしらない。

のめり込んでこないのは、この子の賢さだ。

考えながら、感じながら、それでもどこまでも真剣だし、本気だ。

 

ローターの刺激に耐えさせて止める。

 

足を開かせて、昂ぶらされ焦らされた体をさしださせるのは、飼い主として従順さを確かめるためだ。

そのままでいさせる。

被虐にちえが喘ぐ。

ふだんはいい子を演じている自分と、奴隷の今の自分を自分で思い、ごめんなさいと哭いたのがマゾらしくて、頑張っている日常を想像して、こっちがいろんなことを考えさせられる。

 

家族の香りを持ちながら、どこかさみしげなちえは、濃い闇の部分を癒してくれそうな気がした。

 

正座させ、解放の許可を求めさせた。

「いかせてください」

どうして勝手に解放できないのか、お前の主人は誰か、尋ねた。

正座のときは両手を背中で交差させるのが私のしつけだ。

ちえは、それを守り、俯きながら、私の奴隷だからだと小さく答えた。

 

なぜ自慰を禁じられているのかと聞いた。

「ご主人様の命令だからです‥」

言うことを聞けなかったら、どうされるのか。。。

「‥お仕置きされます‥」

 

スイッチを強くさせた。

ああと上を向いた。

ローターが落ちちゃうから足は閉じている。

顔を見せなさい。。。

両手で乳首をいじめなさい。。。

 

いきますと、泣くように報告して、いくぅと嘆いて果てた。

いい子だと褒めて、M字に両足を開かせて、そこを捧げさせた。

 

私にとっての荷や苦やさみしさを、この子が癒してくれルのではないかと思った。

 

-M女調教日記

Copyright© あまいSM せつないSM  , 2020 All Rights Reserved.