縛られたい 奴隷になりたい 首輪をされたい 調教されたい M女のためのサイト

あまいSM せつないSM 

M女調教日記

奴隷とご主人様 SM調教 首輪と縄とエプロン

投稿日:

 

IMG_0525

 

月が丸い。

今は遠いかなみを思う。

一生懸命仕事に向き合っているのだろう。

自分の命にもひたむきに向き合っているのだろう。

 

飼い主として

 

私がかなみを好きなひとつは、理屈をいわない。

ただ、ひたむきで、やさしく、がんばろうとしていることだ。

私は弱いから、くよくよするときがある。

 

そして、私にまっすぐに向かってきて、真剣に向き合ってくれた。

 

遠いのに、時間をやりくりしてやってきた。

駅の人混みにかなみを見つけたとき、胸がぎゅっと締まった。

 

部屋に行って、疲れているから膝に抱いた。

よくきたよくきたと頭をなでると、抱きついてきた。

髪をかき分けながら、あごをつまむと、躾けたとおりに、調教されたM女としてのキスをした。

かなみは教えたとおりに舌を動かす。

 

女に指を入れて、濡れている指を見せると、いやあと哭く。

感じやすくなってきた。

大人の女にすこしずつなっていった。

MとしてMらしくなっていった。

それをそばで見ているだけで何もいらないと思えた。

 

まだ若いから、いつか自分の人生を歩きだす。

そうなるだろうし、そうしなければいけない。

そしてそうなった。

それでいい。

 

ほんのひとときの、はかない主従だったけれど、今も胸の奥にそっとある。

おもいでになればいい。

いつかかなみが辛いとき、思い起こして頑張ろうって静かに眠り、また歩きだせばいい。

 

かなみは、何も言わずにご飯を作ってくれて、「おいしいですか?」と、健気な瞳で聞いてくる。

 

かなみは奴隷だから、裸でエプロン。

首輪をつけている。

そして、所有される体には股縄。

私はかなみの料理している下にあぐらをかいて、お尻をなでたり、アナルを広げたりする。

その時、奴隷の心の中を思う。

あまさの中に少しの被虐。。。

 

湯気の立つ温かいご飯を食べて、かなみを横にはべらせる。

後ろ手に縛り、正座をさせて股縄をほどく。

ゆったり酒を飲みながら、かなみの体を堪能する。

口移しで酒を飲ませた。

こくんと細い喉が動いた。

 

そのとき、かなみの心と体は私のもので、私はかなみの体を隅々まで知りつくしていた。

飼い主の権利だ。

 

いたわり、慈しみ、いじめ、愛する。

それは飼い主としての礼儀だ。

いや、もっといじめたい、かわいがりたいのが本音だけれど。

かなみは私が望むようにされることを、望んでいる。

調教される自分を私がみてSとして心が立つことに悦びを感じる。

そのことで、体が疼いてくる。

それがM性だ。

 

柔らかい体は、今、今だけ、私のものだ。

少しずつMらしくなってきた。

内腿をさすると、調教されたメスらしく、足を静かに開いて女を私に捧げる。

焦らす指の動きに、腰の震えで答える。

征服者として、思いきりハグする。

 

調教というSMの愛

 

女の匂いが部屋に満ちてくる。

Sの部分がせりあがり、いじめたくなった。

だからまずはやさしく焦らし、体を昂ぶらせる。

飴の後の鞭はせつない。

 

かなみはそれを知っていて、体が濡れてくる。

 

突き放し、尻をだしなさい、と毅然と命じる。

はいと、小さく答えて、形のいい尻をせり上げる。

 

仕置きだった鞭は、もうご褒美になっている。

だから焦らして、弱く打つ。

何度も打たずに、尻を鞭でなでる。

強い刺激を求めて、尻が動く。

 

女をねぶりながら鞭を打つ。

弱く何度も叩いて、強くなぎ払うと、あぁと背中を反らせた。

 

「顔をみせなさい」と向けさせると、髪をかき分けて、こっちに向ける。

その顔がMっぽい。

せつなく、けだるい女の顔だ。

強く打つ。。。

仕置きではない刺激にあまく喘ぐ。

 

この子は、この間まで、ねんねだったんだよなと思うとやさしい気持ちになる。

私の好みの自分になろうとしていた。

かなみの心を感じようとして鞭を使うと、反応で心がわかった。

この子は私と本当に真剣に向き合おうとしている。

 

理屈じゃない。

鞭でわかるのは、飼い主だからだ。

SMは、調教は、ただのプレイではない。

主従の深い関係性だ。

 

共有してくれた孤独

 

私の目を探るような眼をする。

私の胸の奥の閉まっている部分を、そこを見ようとしているのか。

その部分を共有しようとしていた。

それがわかった時、涙がでそうになったので、背中を向かせて縄をほどいて、「伏せ」と小さな声で命令した。

 

瞬間、目があった時、この子は私の孤独を理解しようと必死なのだと理解した。

ハグしたかったけど、それは鞭を使った後だと自分を励ました。

鞭の音とかなみの喘ぎが部屋に満ちる。

私は、かなみの心を、親猫が子猫を見るようにみていた。

同時にSとして、こころは立っていた。

 

かぎられた関係だということを知っていたから、少しだけ泣きながら鞭を受けていた。

 

そのことに涙が出そうになって、かなみの赤くなった尻にそっとキスした。

人の痛みがわかるこの子を、私はその時、大好きだった。

 

前を向かせた。

おすわり。。。

私はかなみの前に仁王立ちして、征服者として頭に手をおいた。

片手は首輪から伸びるリードを掴んでいる。

その手が少し震えた。

 

リードのいっぱいまで少し距離を置いて、床にどかんとあぐらで座った。

そして静かに命じた。

ちんちんしてごらん。。。

 

命令されるだけで体はあつくなっていたのはMの性だ。

股間から、愛液がつうと垂れて、いやあと横を向いた。

 

ほしいかと聞いた。

くださいと答えた。

みせてごらん。。。

はい、ご主人様。。。

 

躾けたとおりに、私の前に立ち、足を開いた。

開くために女に触れた手は震えていた。

 

なかなか開けないのを待った。

その逡巡を私は見ていた。

 

尻を叩く。

はいと声が裏返り、そっと開いて私に捧げた。

内腿に垂れて、ごめんなさいと啼いた。

 

たっぷり責めて、毛布を二人でかぶり、窓から空を見た。

灯りを消す。

かなみが体を寄せてくる。

月が私とかなみを照らしてくれる。

-M女調教日記

Copyright© あまいSM せつないSM  , 2020 All Rights Reserved.