縛られたい 奴隷になりたい 首輪をされたい 調教されたい M女のためのサイト

あまいSM せつないSM 

M女調教日記 SM主従関係

普通に暮らしていることが女の魅力であること そういう女を調教したいということ

投稿日:

WIN_20150706_091230

やっと会えた。

SMは、ご主人様と奴隷の距離が、とても深くなる。

だから体の反応でこころがわかった。

奴隷の逡巡は、すっと、自然に、入ってきた。。。

 

もう昔のことだ。

 

M女らしさ

 

女に入れた指が温かく、その温もりに、私ははっとなった。

この女(ひと)は、ただ性欲だけとか、遊びでSMしているのではないとはっきりわかった。

その女(人)の孤独や逡巡や、荷や苦が、私にはわかった。。。

 

いつも教えていた検査のポーズ。

膝立ちで、両手を頭の後ろで組んで、両腕を拡げる。

腰をつきだし、体を飼い主に捧げる。

俯きながら、いつもの口上を口にした。

 

**の体をお調べください。。。

 

M女らしさとは、はかなさと健気さだ。

恥ずかしがる仕草の中に、被虐への期待と不安がある。

それはM女特有のものだ。

 

それは調教されて、少ししたとき、自然ににじみでるものだ。

 

自分はそんな健気じゃない、自分なんかと思っているかもしれないけれど、それは違う。

調教されていないだけだ。

まだ経験していないだけだ。

 

奴隷として調教されると、Mらしくなり、女として輝いてくる。

愁いを帯びてくる。

主に委ね、仕える自分のか弱さ、はかなさとか、なんとなく、ほんのり感じるようになるものだ。

それはマゾヒズムを知るM女独特のものだ。

蠱惑的で、これほどかと思うほど、女らしさがある。

こういうのは理屈じゃない。

 

その女性ははまっすぐ生きていた。

普通の女性だ。

さみしがり屋であまえんぼうな、ちょっとだけ弱いだけのただの女だ。

社会はそう見てくれない。

仕事ができるかとか、表面上の性格がどうとか、ただ人当たりがいいとか、上っ面しかみない。

それは、それぞれ自分のことで一生懸命だから、仕方ないのかもしれない。

だけど。。。

そうじゃないよねって、どこかで感じる。

私もそうだし、みんな心の奥のことを、ほんとうのことをかくして生きている。

そうしないと、乗り遅れてしまう時代だから。。。

 

社会という荒野にひとりでぽつんと立っていた。

強い風に負けそうになりながら、踏ん張っている自分を誰かにわかってほしかった。

心の奥に抱えているマゾヒズムをもてあましていた。

人として温かい部分をちゃんともっているのに、どうしていいかわからず、人知れず悩んでいた。

 

仕事が終わり、ハイヒールの音を響かせて、小さな町に帰るのだろう。

家に灯る団欒の明かりを、ちらと見て、ひとりぼっちで歩くのだろう。

ひとりでご飯を食べて、皿を洗い、洗濯をしてまた1日が終わるのだろう。

風呂に浸かり、膝を抱えて小さく息を吐くのだろう。

髪を洗いながら、少し泣きそうになるときもあっただろう。

灯りを消して布団にもぐり、闇の中でひとりで虚空をみつめていたのだろう。

 

私は主だったから、そういうの、わかっていた。

体のことももちろん全部知っていたけれど(その頃、その女(ひと)の体は私が所有して管理していたから)、マインドも、言わなかったけれど、わかっていた。

だから、よけいに愛しかった。

 

逡巡した末に、やっとメールをしてきたのだろう。

はじめて会った時、震えていた。

気を失うんじゃないかというほどの緊張がかわいかった。

奴隷になり、少しずつしつけられていった。

命令するだけで濡らすようになっていた。

 

奴隷として、女として向き合っていたけれど、ほんとうは、人として、私はその女(ひと)を認め、愛していた。。。

 

線香花火のようなたたずまい

 

目の前の女を、そっと開くと、いやあと腰をひくから、尻を叩いた。

ごめんなさいと静かに、私に捧げた。

 

顔を見せなさい。。。

隠すように垂れた髪をよけた。

目をきつくとじたまま、私に見せるために正面を向いた。

 

少し前まで、スーツを着て、さっそうとしていた自分が、生まれたままの姿で、飼い主に体をさしだしている。

主に、自分を捧げ、委ねながら、本音の自分に戻ろうとする時間。

わずかな時間だったかもしれないけれど、そのとき、そうしてバランスをとろうとしていたのだろう。

 

開いて、小さな豆をむいて、ちょんと突いた。

ひっ ひっと息をひそめたたたずまいこそM女らしさだった。

 

濡れていることを伝えると、ごめんなさい。。。

これから虐められるのか、かわいがられるのか、心配しながら、どこかで期待している風情がいい。

 

大きく激しく喘ぐことは、私が好きじゃないことを知っているから、弱く細く喘いでいた。

 

 

奴隷の時間といつもの時間

 

乳首を転がし、女にそっと指を入れた。

動かしながら、反応を確かめた。

 

そうしながら、伝えたい思いを伝えた。

それはこれまでも感じていたことだった。

 

ちゃんとご飯を食べること。

部屋の掃除をしている姿。

世間の中で自分の居場所を探そうとして、悩みながら、もがいている自分。

誰も見てくれないかわいいパジャマを着て、一人で寝る。。。

尊敬できない上司のハゲ頭を見ながら、それでも生きていかなくちゃならないから頑張っている自分。

 

時間は通りすぎ、このまま歳をとってしまうのか。。。

女としての今しかない時間が日常に埋もれていく。。。

テレビの華やかな同世代の人を見て、街で着飾って輝いている人と自分を比べて、そっと傷ついたりしている自分。。。

 

頬を手のひらで、挟んで、目を開けなさいと命令した。

そして伝えた。

 

地に足をつけて、暮らしている姿こそ、ステキなんだよ、と。。。

地味でも、自分なりに一生懸命生きているから、おまえらしいんだよって。。。

遊び歩いていたり、派手な表面的なしあわせを求める人より、ちゃんと、そっと生きているおまえがいい。。。

そんな女が、奴隷として女として調教され、お仕置きされ、焦らされ、喘ぎ、いい子だとハグされ、とろけそうになり、ご褒美だとかわいがるとき、あまえて、自分をさらけだす。。。

 

地道なふだんの、何もないかもしれないけれど、ささやかな暮らしを生きているから、SMのこの時間も充実するのだ、と。。。

ただの表面の華やかさだけの相手など、全く魅力がない。

ふつうにちゃんと生きている姿こと、男からみたら、女らしくてステキなんだよって。。。

そういう暮らしのベースが、ほんとうはおまえを女として磨いていること、わかってほしい。

 

頑張っているとき、さみしさをこらえるとき、人を許し愛そうとするとき、もがきながら生きているおまえがいい。。。

ちゃんと生きているからいい。。。

 

検査のポーズのその胸に、顔をうずめた。

主として、涙を見せるわけにはいかない。。。

-M女調教日記, SM主従関係

Copyright© あまいSM せつないSM  , 2021 All Rights Reserved.