縛られたい 奴隷になりたい 首輪をされたい 調教されたい M女のためのサイト

あまいSM せつないSM 

M女調教日記

性奴隷になりたい マゾヒズムの被虐 性奴隷のしつけより

投稿日:

 

女にはいくつもの顔がある。

仕事の顔、ひとりの人間として、女として、そして、奴隷として。

 

 

Mというのは性だ。

被虐や凌辱に性的に体を火照らせる。

同時にせつなさやあまさや、安堵を心で感じる。

私はSだから、そんなM性をいじらしいと思う。

 

奴隷になり、待つ女になった。

自ら望んだことだ。

だからメスとして、奴隷として飼っていた。

 

 

奴隷として管理される毎日

 

部屋では首輪をさせている。

寝るときは股縄をさせている。

奴隷としての自覚と、乾いている状態を持続させている。

自慰を禁じてある。

 

私は飼い主として君臨しているから、愛していても毅然と向き合う。

 

「同僚に誘われたので、今晩、行ってもいいですか?」

飲みに行くのも私の許可を求めさせている。

 

許可を与え、「股縄」と加えて、仕事が終わるとマンションに行く。

「二次会に行ってもいいですか?」とメールがくる。

いいよと返し、今、お前の部屋にいる、と続ける。

「すぐに帰ります」と返信がくる。

ゆっくりしてきなさい、と返しても、「帰ります、ご主人様」。

「今電車に乗りました」とか「あと何分でつきます」というメールを意地らしく見つめる。

私は孤独ではない。

いつものように、暗闇でひとりではない。

 

冷蔵庫からビールをだして、天井を眺めているとヒールの音がして玄関が開く。

私の足元に正座する順子は茶褐色のポニーテールに毛糸の帽子だ。

帽子から前髪が少し垂れていて、俯く瞳にかかる。

ほんのり頬が朱い。

楽しかったか? と聞くと、はい、ご主人様。

裸を命じる。

服がこすれる音がして、女の香りがした。

外の顔から、マゾのそれに変化していく。

脱ぎ終わると目の前で足を揃えて立つのが決まりだ。

両手は背中で組む。

 

股縄がくいこんでいて、歩いてきたからコブが豆からずれていた。

股縄を外すとき、いつも、あんと哭く。

指でヴァギナをなぞる。

柔らかさや濡れ具合を検査する。

しばらくきていなかったから、男のひげのようになっていて、あとで剃るというと、はいと下を向いた。

 

女の下を締めている。

しーしーだな? と聞くと、はい。

私は飼い主としてスレイブの体を熟知している。

洗面器を床において跨がせる。

縄を見せると両手を背中で組んで、それを縛る。

頭に手を置いて表情を見る。

くりんとした瞳が許可を待つように私を見る。

よし、というと、体を弛緩させた。

水のしぶく音がする。

小さな子供が叱られたような表情をした。

安堵したようなやすらいだ感じもあった。

ペーパーで拭いてやり、いい子だと褒めてから、股縄がずれていた仕置きを言い渡す。

ああと体が震えて、仕置きのポーズをとりなさい。

尻を持ち上げて足を開いた。

そのまま待て、と鞭をとりに行きながら洗面器を流しに行った。

 

鞭を弱く使いながら、服をきた自分と今のお前とどっちが好きかと聞いた。

ご主人様の前で、裸でいるのがいいと答えた。

弱い鞭を繰り返して、体の芯を熱くさせて、強い仕置きを哀願させた。

強く尻をはじく。

柔らかい肌の感触が手に伝わった。

 

 

性奴隷として 人として

 

自分が人と違うと感じたのは小学生の頃だったという。

叱られると、ときめいた。

男の子にいたずらされると、もっとされたいと思ったという。

 

大人になり、セックスをしても気持ちいいとは感じてもしっくりこない。

だから、紆余曲折あって私の奴隷になった。

メスとして飼っていた。

性奴隷として調教・管理・飼育していた。

私の好みに沿うように躾けていた。

Mとしてその時間が、普段の人生を充実させていた。

 

人として人生を生きて、仕事をしているときも飯を食っているときも遊んでいるときも、奴隷の自分という自覚がある。

野良ワンコではないということは、Mの性を持つ女性にとって安らいでいられることだろう。

命令されること、待つこと、管理されること、被虐を与えられることはMとして悦びだ。

仕えること、従順である自分が愛しい。

同時に人として成長しながら社会の中で荒波に向かっていく。

 

性奴隷のつとめ

 

鞭の仕置きに体が火照ってきて、ローターを使った。

入れたり止めたりしながら、弱く強く叩きながら、哀願させ、開放させた。

腰がうねり、背中をのけぞらせた。

瞬間を私に捧げ、その姿勢のままで余韻も堪能した。

そうした時、尽くしたいと思うのがMの性だ。

だから性奴隷として次にすることは飼い主への奉仕と忠誠を誓うことだった。

縛られた体を起こして、私の足の甲に口をつけた。

教えた通り、脛から膝へていねいに舌を這わせた。

仕えている自分に安らぎを感じていた。

もっと尽くしたいと思わせてから、膝から上への奉仕を許した。

 

鼻で哭き、息を荒げながら何かに憑かれたように舌と唇を這わせた。

私に媚びるような瞳は愁いを帯びていた。

何かを追い求めるようでもあった。

 

内腿から股関節、男を舌がなぞり、私の意に沿うようにした。

上から見下ろしながら、胸がずきりとした。

ていねいにしないと股縄で放置するぞと静かに言うと、必死に顔を動かした。

体が制御できなくなり、おねだりの決まりとして私に頬ずりした。

よしよしと頭を撫でて、次はどうするんだ? と聞いた。

ベッドに寝て、探るような視線で私を見た。

「上を向きなさい」

はい、ご主人様と仰向けて膝を折り曲げて足を開いた。

そして目を閉じて、「ください」と言った。

-M女調教日記

Copyright© あまいSM せつないSM  , 2019 All Rights Reserved.