縛られたい 奴隷になりたい 首輪をされたい 調教されたい M女のためのサイト

あまいSM せつないSM 

M女調教日記

縄酔い 麻縄が体にくい込むマゾヒズムの被虐

投稿日:

 

images (4)

 

服のままのRちゃんを縛る。

私が縄を手にすると、いつものようにRちゃんは正座をして両手を背中で組んだ。

ストライプの濃紺のビジネススーツ

後ろ手。

上下に縄を廻して胸を絞りだす。

 

ブラウスのボタンを外して、ブラジャーをずらして胸をだす。

乳首が立っていて、指ではじくとああと濡れた声をだす。

「膝立ちしなさい」

「はい、ご主人様」

スカートをまくって、腰のところでひと回りさせてから、コブを作って下着のまま股縄。

タオルをねじって猿ぐつわをする。

横向きに寝かせて、放置する。

征服された女の顔になる。

 

縄と涙

 

不安げな泣きそうな表情が、少しずつあきらめたような、覚悟を決めたような屈服したM女の顔になっていった。

かわいいRちゃんが、M女に変化する瞬間を私は凝視していた。

見られていることをRちゃんも意識して、すねたようなあまえたような顔をした。

 

裸ではないことは、普段の自分が残っていて、その自分が縛られいじめられるという感覚がある。

 

これからどういう調教をされるのかという不安と、服従している安堵感がまざったか弱い目で、私をじっと見ている。

白いガーターがかわいい。

スーツで、胸をだしてスカートをまくって下着のまま女に縄をかけられている。

目が合って、ああと喘ぐ。

 

お尻をだしなさいと命令すると、ゆっくりとうつ伏せになる。

少しそのままでいてから、あきらめたように膝を立ててお尻を突きだす。

艶のある、小さな喘ぎを断続的に続けながら、その姿勢を崩さない。

右の尻を叩くと、いつものように、背骨を反らせて尻を捧げるようにつきだした。

 

股縄のまま下着をずらしてローターを静かにいれる。

「お尻を振って」

ローターを強くして、平手で叩く。

くぐもった呻きをあげている。

顔にかかっている髪をどけて、顔をだす。

Rちゃんは少しだけ泣いた。

俺がこの子にできるのは、こんなことだけなのかと自分を責める。

もっと、愛とか、いろいろ。。。

 

猿ぐつわをはずす。

 

ローターを弱くして、せつなく刺激を与え続けながら人差し指と中指でRちゃんの唇をなぞる。

その手を止めると、従順に、恭順の証しとして指をなめる。

口に含ませてしゃぶらせながら、少しずつMの表情になっていくRちゃんをじっと見る。

艶めかしい喘ぎが、口元にかかる茶色い髪を揺らす。

裸より、恥ずかしさがあるのだろう。

 

お尻の方に廻って、ゆっくり乗馬鞭で気合を入れるように弱く打つ。

スーツの上半身とガーターで、鞭をねだるように尻をくねらせる。

いく寸前でなんどもローターを止めて、火照った体をもてあますRちゃんの縄をほどいた。

 

なぜ縄をほどかれたのか、知っている。

ベッドのふちに座る私の前で、静かに脱いでいく。

私の奴隷として、所有される女として、Mとして、私に見せるために、躾けたとおりに、ゆっくりと、私のために裸になっていく様を、私はスピリットに焼きつけようとしていた。

 

Rちゃんは、自分の人生を生きるために、もう少ししたら地元に戻る。

ふつうの、あたりまえのしあわせを追いかける女になる。

何気ない毎日を一生懸命生きる女性になる。

小さなことで喜んだり、泣いたり笑ったりしながら年をとっていく、当たり前の人間になる。

 

しあわせになりなさいと、最後の命令を伝えるのはもうすぐだった。

 

裸になって、奴隷の作法として、私の前で、膝で立ち、両手を頭の後ろで組んで体を捧げながら、私を見る瞳に、そんな感じがわかった。

それは、主従だったからだ。

SとMであったこと、主従という関係性、年が離れていること、それからもっといろいろ。

 

恋人のような時間。

都会の中で二人で震えていたこと。

笑ったこと、泣いたこと。

おたがいを思いやる中で、逡巡したこと。

 

Rちゃんは大人の女になって、私は年をとった。

 

生まれたままの姿になると、静かに、後ろを向いて縄を受けるポーズをとった。

汗で輝く体をきっちり高手小手に厳しく縛めると、Rちゃんの哀しさが伝わってきた。

それは、私の孤独に対してのものだった。

のめり込まないようにしようとしたのに、いつも無邪気にぶつかってきてくれた。

私の荷や苦や孤独を共有しようとしてくれた。

東京はごつごつして、ぎすぎすして嫌いだと言っていたけれど、田舎からでてきたり、ひとりぼっちで頑張っていたり、夢を追いかけている人たちばかりだと言ったら、泣きじゃくって、そうやって見ると街の灯りはきれいだと抱きついてきた。

いい相手ができたら、ちゃんと私から離れていけというとすぐ泣いた。

 

マゾであることを、自分のひとつの特性だと少しずつ認識して、そのこととちゃんと向き合い、そしてマゾヒズムのあまさや被虐を享受しながら、人としてきちんと生きていこうとして、その通りになっていった。

 

Rちゃんは縄酔いし始める。

大人の女になりたての、うぶな体だ。

こころは素直で従順で、かわいい。

 

いつもするように、膝に抱きとると、おでこを胸に預けてきた。

SMはただ陵辱だけとか、命令だけとか、痛いだけとか、そんなものじゃない。

主従関係の触れあいだ。

静かで、きれいで、深い。

M性だからこそわかる、あまさやせつなさだ。

 

Rちゃんは、私の奴隷として、股縄で翻弄され、私の腕の中でかわいく悶え、あまえた。

許可を求めて、赦して解放すると、私の胸に倒れ込んできた。

 

余韻をすごしてから、いつものように仰向いて、足をM字に開いて、解放した女を飼い主の私に見せるのを躾けているから、従順にそうした。

 

涙ぐんでいた顔は今も忘れていない。

 

-M女調教日記

Copyright© あまいSM せつないSM  , 2020 All Rights Reserved.