縛られたい 奴隷になりたい 首輪をされたい 調教されたい M女のためのサイト

あまいSM せつないSM 

M女調教日記 SM首輪 奴隷のしつけ

奴隷の散歩と犬芸のしつけ 首輪と安らぎと四つん這い

投稿日:

 

壁にかけてある首輪をつかむと、おずおずと正座をして、長い髪を持ち上げて首をだした。

耳たぶを障ったり、頬をさすったり、キスしたりしながら首輪をつける。

首輪と首に指を入れてきつさを確かめる。

指が2本くらい入る余裕がないと、引っ張った時に苦しくなる。

その女(ひと)には赤い首輪がよく似合った。

 

 

飼い主につながれるやすらぎ

 

首輪をかけてリードでつなぐのは、主の所有物であることを体で教える。

全裸で犬のように扱われると、M女は、飼い主に所有され、意のままにされるペットとしての自分の立場に被虐を思う。

飼われている自分に酔う。

 

チェーンを軽く引くと、飼いならされた雌犬のように四つん這いになった。

あぁ‥‥と自分の立場に喘いだ。

 

躾けたとおりに私の足下に近づいて、お座りをした。

 

首輪で繋がれて、犬のように扱われるみじめな自分がせつない。

はかない自分が愛しい。

飼われること、支配されることに平安と安堵がある。

そしてマゾヒズムの被虐。

それらが同居した表情とたたずまいは、大人の女の妖艶さと奴隷である身のはかなさがあった。

 

奴隷(ペット)の散歩 M女のしつけ

 

羞恥をいつまでも失わなかった。

今どうしているだろう。。。

 

「四つん這いになりなさい」

私に背中を向け、ゆっくり尻を持ち上げて、牝の姿勢になった。

肩幅に手と足を開き、背骨を反らせて尻を持ち上げるのは、ペットの作法として教えていた。

 

いい子だ、と褒める。

 

乗馬鞭で尻を軽く打つと、しずしずと歩きはじめた。

白い尻がもこもこと動くのをじっと見ていた。

尻の動きを楽しみながら、たまに鞭を打った。

仕置きではないので軽く打つ。

 

部屋の中をゆっくり廻る。

リードではなくチェーンだから、床に触れる金属の音が部屋に響いた。

その音が繋がれていると強く思わせる。

 

体に触れるチェーンの冷たい感触を肌で感じながら、犬の散歩のように床を這わされる。

 

首輪をされ、チェーンで繋がれ、恥ずかしがりながらも昂ぶる体を見られながら、四つん這いで自分の部屋を歩く。

羞恥に女が濡れているのを後ろから見られているのを意識して、尻が落ちるから、鞭を使うと、ああと絶望したように喘いで尻を上げる。

ごめんなさいと言わせたその声がかすれた。

剃っていた女は、部屋の灯りに反射した。

右足の腿の後ろにちいさなほくろがあった。

 

自分の状態に陶酔し、胸がギュッと締めつけられ、子宮があまく疼く。

ローターやバイブを入れて歩かせるときもあった。

 

「スティ」というと、ぴたりと止まる。

私は飼い主が犬にそうするように、頭をなでたり尻を触ったりして褒めてやる。

「よろこんでごらん」

尻を左右に大きくうごめかせる。

大人の女が、犬のように尻を振り、飼い主に媚びる。

 

正面に廻り、しゃがんで顔を覗くと、いやあと横を向く。

「顔を見せなさい」

 

陶酔の表情。

体がマゾヒズムに熱くなる。

それでも従順と恭順を示す瞳の奥に、奴属する平安があった。

 

立ち上がり、気合いを入れるように尻を叩くと、ゆっくり歩きだす。

 

家畜のように鞭打たれる奴隷(ペット)

 

その頃、その人は私の奴隷であり、ペットであり、時に恋人であった。

しばらく歩かせただけで、体は抑えきれないほど昂ぶっていた。

それでも主の思いのままに扱われ、許されるまで褒美は与えられないから、火がついたマゾの体を焦らされ続ける。

そのことにまた子宮が熱くなる。。。

それがM性だ。

その熱くなった体を鞭で叩かれるから、子宮にずしんと響く。

 

ソファに座り、足元にお座りさせた。

手のひらを顔の前にだすと、躾けられている通り、恭順を示すために、あごを手に乗せて私を見た。

瞳が潤んでいた。

 

「伏せ」

小さく命じた。

私は大きな声をだしたりしない。

静かに命令する。

 

後ろを向いて、一度四つん這いになり、肘を床についた。

そして、両足を肩幅より大きく開いて、ぐいと尻を高く持ち上げた。

それは何度も躾けた、飼い主に仕置きを受けるポーズだ。。。

 

鞭の先で尻のはざまをなぞる。

蟻の門渡りが急所だった。

そこを何度もなぞり、下から乗馬鞭で弱く叩く。

それから紅くなるまで尻を仕置きした。

あうっ、あっ、と叩かれるたびに背中を反らせた。

 

指でやさしくアナルから蟻の門渡りをさすり、鞭で叩いた。

やがて、ああ‥と嘆きが艶めきはじめた。

 

体を飼い主に調べられる

 

いきそうになると寸止めした。

何度も繰りかえしてから、命じた。

 

「頭を床につけて、見せなさい。。。」

「両手を背中で組みなさい。。。」

「見えるように、もっと足を開きなさい。。。」

「もっと尻を高くあげなさい。。。」

 

昂ぶらされ、寸止めされた体を飼い主に見せるために、尻を捧げる。

 

片手で背中で交差させた手首を掴み、熱く火照った尻を手のひらでなでながら、囁いた。

「調べてください、は?」

蚊の鳴くような声で聞こえないから、尻を叩く。

**の体をお調べくださいと、ようやく聞こえる。

もう一度、と鞭を使い、復唱させる。

 

指で開くと、空気が触れる感触に尻が揺れた。

平手で叩くと、ごめんなさいと静止させた。

内股が泡立っていた。

背中が震えていた。

 

女の香りがした。

 

体を私の腿にうつ伏せでのせた。

子供がお尻ペンペンされる姿勢。

 

その人の体を私は熟知していた。

私が管理していた。

 

蟻の門渡りを筆で執拗になぞると、いきそうになるから、尻を叩く。

ひいっと嘆いて、髪を振った。

勝手に解放することは許していないから、指と筆のねぶりにひたすら耐えた。

 

最も恥ずかしいポーズの命令

 

顔を見たくなり、腿から下ろしてこっちを向かせた。

次の命令を、もうわかっているから、命令される前から、いやあと啼いた。

 

よしよし、いい子だ、と頭をなでながら、耳元で囁いた。

「‥‥ちんちんしてごらん」

 

従順にポーズをとって、涙をひとつ流した。

君臨するものとして、奴隷(ペット)の頭に手を置いて、体を翻弄した。

 

乳首はつんとしこっていた。

鼠径部をなで、豆の周囲を弱く刺激した。

髪をかきわけ、耳たぶをかんだ。

 

もう体の制御はできなくなっていたから、寸止めした。

その人は、目を閉じて、されるままでいた。

辛そうだった表情は、優しげで安らぎを感じさせた。

ある一線を越えたときの表情だった。

 

唇の前に指をだすと、服従の証として、口に含んで丁寧に舐めた。

「せつないな。せつない せつない‥‥‥」

「素直ないい子だ」

褒めるとまた少し泣いた。

白いからだは鳥肌立っていた。

 

涙がでそうになった。

 

ちんちんの姿勢のその人を思いきりハグする。

キスを与えながら、褒美は何がほしいか聞くと、縛ってくださいと体を痙攣させた。

 

-M女調教日記, SM首輪, 奴隷のしつけ

Copyright© あまいSM せつないSM  , 2021 All Rights Reserved.