縛られたい 奴隷になりたい 首輪をされたい 調教されたい M女のためのサイト

あまいSM せつないSM 

M女調教日記

性奴隷になりたい願望

投稿日:

 

 

自分のM性と向き合おうとしていた。

調教される自分。

私の色に染められていく自分。

奴隷に堕ちようとしている自分。

女として、性のこと、マゾの部分を抑えられない葛藤の中で流されていく自分への不安。

ずっと自分のM性と葛藤してきた。

奴隷になりたいとどこかで感じていた、という。

 

縄の味を知りつつあった。

ずいぶん昔のことだけれど、調教がが少し進んだ時のこと。

 

少しずつ深くなるSM調教

 

裸になることを命じた。

静かに生まれたままの姿になっていく。

恥ずかしさしかなかったのが、少しずつ、見られながら脱いでいくという行為に体が反応するようになる。

そして、心も裸になっていく。

これから自分の体を飼い主に捧げ、意のままに扱われ、昂らされ、焦らされ、いかされる。

いじめられ、かわいがられる。

それらを思いながら脱ぐから、Mらしく哀愁があった。

 

縄を手にして、「どうするんだっけ?」と聞くと、背中を向けて正座し両手を背中で組んだ。

受縄のポーズ。。。

俯いたうなじが細く、哀しかった。

 

縄をください、と言わせると声は掠れた。

 

縛られるのは縄に抱きしめられることだ。

高手小手、胸縄、腰縄から股縄。

体の自由を奪われたことで、あきらめの思いのようなものが起こる。

されるがままの自分。

体を飼い主の意のままに使われることのときめき。

すべてを委ねる安堵。

性奴隷として与えられる快感に翻弄する自分を見てもらう羞恥と期待。

 

ゆっくり縛る。

SMは間合いがいい。

主の前で服を脱ぐのは、普段の日常からもうひとりの自分への入り口の時間だ。

縛られるのは、服を着た生きていくための仮面の日常から、Mとして奴隷としての自分へスリップするための時間。

SMのあまさやせつなさを感じる最初のステップだ。

縄に縛められ、横すわりで私の足元でうずくまる姿は、はかなく、マゾ女性の控えめの色気を帯びていた。

 

少しずつ、肌に縄がなじんできていた。

初めの頃は、みじめさと羞恥しかなかっただろう。

それだけでもM性を刺激はした。

調教が少し進むと、縛られる自分と向き合うようになる。

だんだん縄の感触で濡れるようになる。

縛られ、鞭や快感や焦らしを与えられることを体が覚えている。

 

そんな感じがわかるから、少しずつ厳しく緊縛したり、わざと緩くしたりする。

あえて縛らずに、首輪だけで自分で恥ずかしい姿勢を命令することもある。

そんなとき、縄が欲しくなる。

縄を体が求めるようになる。

M女は、縄で感じるようになった自分に、ご主人様の色に染められていく自分、奴隷に堕ちた自分、愛されている自分を思い、せつなくなる。

それが調教だ。

 

M性とは持っている部分と開発する部分と2つある

 

髪に触れ、頬をさすり、唇を親指でなぞる。

耳を甘噛みする。

それだけで高揚する。

乳首と女に触れずに、腰のラインや肩をさすると眉を寄せた。

女や胸への刺激を体が求め始める。

刺激は与えられず、縄が当たる肌の感触に敏感になる。

もどかしく、締めつける縄がじわじわ体を責めてくる。

それが縄酔いだ。

縛られただけで感じるのは、Mにしかわからないステキな時間だ。

 

自分がMかわからない、確かめたいというメールが昔はたまにきた。

わからなければ確かめてみたらいい。

真正なら調教されればわかる。

けれど、一度の調教でわかるのは真正か真正じゃないかだけだ。

少しMとか、けっこうMとか、それぞれ違う。

そうでもないと思う女性もいるだろうし、感動したとまで思う女性もいる。

 

M性とはもともと持っている部分ともうひとつ、調教していく中で開発され、育っていく部分とある。

もともとのM性が求めるのは凌辱やみじめさや不条理だ。

被虐の悦びやあまさやせつなさ、羞恥、安堵、平安、感動などは調教してMとして覚醒して、やっとわかる。

つまり、もともと持っていたものが開放され、癒され、深くなる。

だからわたしのSMはあまいSM、せつないSM。

 

M性を持っているのはステキなことだ。

ノーマル人が感じることができない部分を感じることができるからだ。

Mじゃなければ、縛られても不安とかしかないだろう。

これからなにされるのか、体の自由が奪われたということでしかないだろう。

 

M女性は、縛られることに、ときめく。

縄をなんども受けていると、委ねるあまさに溶けるようにうっとりとなる。

M女性は、女としてかわいい。

責めてもあまり感じないなら、Sとしては魅力的な女性ではない。

口説かれ上手とか、惚れられ上手という女性が男から見たらかわいいように、責められ上手はステキな女だと思う。

 

縄の味を知ったときの、縛られる様は主従の素晴らしい瞬間だろう。

 

性奴隷という生き方

 

縄酔いの次は被虐を教える。

「お仕置きのポーズをとりなさい」

鞭の後の飴は、あまい。

そのための、鞭。

 

ああ…と上を向いてから、飼いならされたペットのように頭と肩を床につき、尻を持ち上げた。

もっと突きだしなさい、足を開きなさい、という指示に素直に従う。

「捧げるようにしなさい」と言ったとき、小さく喘いだのがせつなかった。

 

縛られ、尻を家畜のように鞭で叩かれる。

颯爽と生きているふだんの自分とのギャップ。

羞恥を与えられることで、女として妖しく疼くということを覚え始めていた。

 

打たれながら、あまずっぱさを感じていた。

体も変化してきていた。

尻が熱くなる。

打たれると子宮に響くようになる。

 

鞭を止めて、女を刺激する。

やっと与えられた指のねぶりに、鞭で昂ぶらされた女はねっとり受け入れる。

そしてまた打たれる。

鞭と飴を交互に与えられ、翻弄される。

体と心が制御できなくなってきて、それでも許されるまで続く。

 

もうどうなってもいい。

調教されたいMの部分が覚醒して、開放され、屈服する。

支配されたいと感じるようになる。

こころから服従したい。。。

 

所有され、管理される自分になりたい。

奴隷として扱われ、仕え、そして愛されたい。

 

そうして、主従の関係になる。

仕事や生活や夢の人生に、もうひとつ、別の自分が加わる。

性奴隷として、時に飼い主が望んだ時は恋人のように接する。

主従関係は、ただの恋愛ではない。

深い。

飼われていて、管理されていて、所有されていて、恋していて、愛されている。

自分のほんとうを、普段は隠している部分を認め、見ていてくれる主人がいる。

 

M女性には、M性のない人にはわからない悦びがある。

 

鞭を許して、ベッドに仰向けで横たえた。

潤んだ瞳。

少し開いた唇。

かすかな喘ぎ。

乳首は上を向いていた。

女はぷくりとかわいく膨らんでいた。

胸の下が、ぎゅっと締まった。

征服したいと強く思った。

奴隷にしたい。。。

愛したい。。。

 

「足を大きく開いて見せなさい」

ああ……と哭いて、Mの形に開いて目を閉じた。

横顔が艶めいていて、どこか柔らかい。

 

犬が飼い主に服従を示すように、無防備な白いお腹が波立っていた。

足の間はかわいらしく濡れて繊毛が膨らみに張りついていた。

 

濡れているのを見られるから足を閉じようとして、それでも命令を守ろうと、自らまた開いた。

 

いい子だと褒めると、開放のように体を波打たせた。

鞭の後は飴を与えられることを体に覚えさせる。

内腿を筆でそっとなぞると、昂らされ、焦らされ、いかされることを知って、少し深い、ため息のような喘ぎ方をした。

「いじめてください」と言わせ、「「かわいがってください」と繰り返させ、「いかせてください」と哀願させた。

汗で光った体は妖しくくねり、人魚のように跳ねた。

 

-M女調教日記

Copyright© あまいSM せつないSM  , 2020 All Rights Reserved.