SM動画 個人撮影 調教 主従恋愛 

あまいSM せつないSM 

M女のためのSM動画 SM動画

SM公開調教動画 浴衣でご主人様へフェラ奉仕 体を捧げる性奴隷  

投稿日:

 

 

美雨は、常識も良識もあり、ちゃんと生きている。

そして思いやりがある女性だ。

いつも、股縄で暮らさせている。

自慰を禁止している。

解放も私の許可がいる。

ふだんは日常をきちんと頑張りなさいと、しあわせでいなさいと命令している。

美雨は私の前でだけ、肉○隷として、もうひとりの自分に戻り、マゾヒズムを解放する。

 

動画ここから

 

浴衣の哀切とマゾヒズム

 

絹の擦れる音がする。

M女は私の目の前で、ゆっくり服を脱ぐ。

私は座布団に、どしんとあぐらで腕を組んでそれを見る。

 

 

肉の奴隷となったM女は、いつも厳しくしつけているように、私に見せるように、静かに着ているものを落としていく。

所有、管理、支配されている自身の体を、飼い主である私に捧げるために、脱いでいく。

マゾの性が、これからのことを思い、体を火照らせる。

 

生まれたままの姿になると、股縄を、そっとはずす。

ふだんは、股縄で暮らさせている。

外すのは、日常ではトイレと風呂と、生理の時だけだ。

私といるときは、そこを使うのだから、外させる。

 

和室旅館。

久しぶりの主従の時間。

浴衣を着させる。

弄ぶために、浴衣を着せた。

右前で、きちんと着こなさせてから、高手後手に厳しく縛る。

うなじは石鹸の香りがした。

 

浴衣の緊縛は、哀愁がある。

縄に抱きしめられながら、奴隷に墜ちた自身の立場に思いを馳せ、肩を微かにふるわせていた。

 

 

前を向かせ、浴衣の前をはだけ、着崩す。

尻をあげなさい。。。

はい ご主人様。。。

頭を畳につけて、膝を立て、開き、尻を掲げる。

私は浴衣をまくり、白い尻をだす。

ああ‥とマゾらしく喘ぐ。

 

鞭 麻縄 筆 指 ローター 竹刀

 

乗馬鞭は鋭い痛みがある。

じんじんと痺れるような感覚がある。

やがて熱く火照ってきて、子宮に響く。

 

打たれながら、マゾヒズムの被虐を湛え、喘ぎ、嘆き、許されるときを待ちわびる。

柔らかい尻の感触を堪能して、正座で足を開かせる。

ねっとりと、指と筆で追い上げる。。。

 

鞭の後の飴。

カメラの方を向かせると、羞恥に、内股が、ぶるぶる震えていた。

 

そのときがきて、私に、いつものように報告した。

いきそうです。。。

おねだりしなさい。。。

いかせてください ご主人様 ああ‥。。。

 

いきなさい。。。

いきます。。。

いくぅ。。。

筆で豆をねぶり、ローターを震わせては、止めて焦らし、指で責めさいなんだ。

性の奴隷は、捕われた昆虫のように、無力で、私のなすままに操られ、翻弄された。

 

竹刀で両足を開いて固定し、布団に仰向けた。

浴衣は寝乱れて、妖艶で、どこか哀しげだった。

髪がほつれて頬にかかっていた。

縄を、縛るのではなく、体に巻きつけるようにして、放置した。

もどかしい刺激に悶え、刺激を求めて、昂ぶらされた体をもてあまし、芋虫のように蠢かせた。

 

酒を飲む飼い主に奉仕する性奴隷

 

 

久しぶりのビールはよく冷えていた。

あぐらで酒を飲む私に、後ろ手で私の中心に顔を埋める、M女の頭に手を置いていた。

飼い主への奉仕は奴隷としての役わりだ。

なんども厳しくしつけたフェラチオだ。

舌のさわさわとした感触と唇のやわらかさ、口中の温かさを楽しむ。

細いうなじがはかない。

浴衣の背中で括られた両手の紅いマニキュアを、ただじっと見ていた。

 

体を起こさせ、足を開かせ、ねっとり責めて、喘ぎを堪能する。

なんども、目の前で解放させた。

 

手首の縄をほどいたのは、調教を許したのではない。

バイブを渡し、自慰をさせた。

 

白い、柔らかい、輝く静かな体は私のものだ。

所有し、管理し、飼育するその体を、慈しみ、奉仕をさせた。

マゾとしての悦びに、M女は時間の経過をもうわからない。。。

 

動画 ここから

-M女のためのSM動画, SM動画

Copyright© あまいSM せつないSM  , 2022 All Rights Reserved.