縛られたい 奴隷になりたい 首輪をされたい 調教されたい M女のためのサイト

あまいSM せつないSM 

M女調教日記

マゾヒズム 認めること 向き合うこと 頑張ること 

投稿日:

 

風が雪の匂いを運んだ。

手のひらに雪を受け止め、結晶のまま落ちてくるのだと私に教えてくれた。

北国は、雪が結晶のまま落ちてくる。

それをきれいだと思い、そのことに、人生のいろいろを重ねている純粋さが私を責めた。

今でも、ずっとこれからも、無邪気で、純粋なままだろう。。。

 

 

M性ともうひとつの大切なもの

 

体が強くないのに、横浜の駅で私を見つけて走ってきた。

リュックが揺れたことに、その子の青春を思い、私といつまでもいたらいけないと思った。

若すぎたから、まっすぐだから、そのことに戸惑った。

自分がまっすぐだった時を、いつも重ねて、今の自分に傷ついた。

それでも無邪気に微笑んだり、Mとして真剣に向き合う姿に、Sとして性として女として向き合いながら、美しいものを穢してはいけないとどこかで感じていた。

 

自分のM性と向き合おうとしていた。。。

ひとりぼっちを感じて、さみしくてどうしようもなくて、それでも頑張ろうとしていたのだろう。

はじめて部屋に行ったとき、茶碗や布団や本を見てそう思った。。。

 

頑張ろうとする自分と、マイナスと感じているマゾの部分をどうしていいのかわからない。

どっちかを選択しようとしていた。

若いから。。。

純粋だから。。。

 

両方認めていい。

愛を携えながら、迷いながら進んで、ゆっくり答えをだしたらいいし、答えなどなくてもいい。

流れに身を任せることが必要な時期もある。

 

Mだった。

そして、社会貢献できる自分でいようとしていて、優しさや思いやりを大切にしようと必死に生きていた。

それを、いつか同時進行できるときがくる。。。

奴隷の自分と、社会の自分と、もうひとつ、ほんとうのスピリットのままの自分。。。

私は飼い主だったからわかる。

頭の理屈じゃなく、体とか感覚とか、マインドでちゃんとわかる。

それぞれに距離感を持ち、ちゃんといつかできる。

 

M性は、愛を否定するものじゃない。

どっちかを選択する必要はない。

奴隷になるのは、解放だ。

奴隷に墜ちる自分を見て、そこから何かを見つける。

そして歩き始める。

主従の関係はそんな感じだ。

 

M性をプラスにできるのがいい女だと思う

 

股縄で街を歩かせた。

何も言わずに歩みが遅れ、振り返ると遠くを見るような、助けを求めるような、さみしげな、それでいて凜とした表情をした。

部屋に戻ると、私と二人だけになったことに安らぎを感じた。

そんな女の様が、自分でもわからない私だけがわかるステキさだ。

M所の魅力は、じつはそんなさりげないところだろうと思う。

 

お好み焼きをふたりで食べた。

カラオケに行った。

部屋への帰り道は、雪が流れて、風を見た。

街が白くて、純化していくように思った。

ポケットにつないだ手をいれた。

優しくしようとすると虐めてほしいと哭いた。

体は凌辱を求めていて、心は私を見ていた。

 

縄でくくられながら、心の自由と平安を求めていた。

時間は限られている主従の関係だとどこかで感じていた。

そんなのご主人様だったから、いつも、すっと、わかっていた。

だから、つながりははかなく、だから、瞬間を大切にしようとした。

 

帰るとき、口数が少なくなってきて、二人きりになるとすがりついて泣きだしたのが、かわいくてかわいくて。。。

 

悩んで、迷って、自分と向き合って、何周も何回も心の中をさまよって、答えがみつかる。。。

ほんとうは、自分の中に答えがあるので、奴隷として仕えても自分のことは自分の心が決める。。。

調教されること、奴隷でいること、管理され飼われること平安を得る。

命令を守ることはMとしての悦びだけれど、同時jにもうひとつ、スピリットが求める幸せもある。

それは同時進行していい。

どっちかを選ぶことない。

平安でいること、宇宙や他者に何かをできること、困った人に手をさしのべようとする自分でいること(できなくても、そうありたいと思うこと)。。。

幸せは、自分の心の中にしかないと、どっかでわかりながら、奴隷でいること。。。

迷いながらも、少しずつ前に進もうとする心に従うこと。。。

それでも、体は被虐を求める。

縛るとき、生まれたままの姿になって首輪をかけられるとき、そういうのを含んだ感じがいい。

 

教科書みたいな人生ばかりじゃない。

寄り道したとき、野の花をきれいと思うのが学びだ。

いろんな経験をして大人になったとき、寛容におおらかに、洒脱でいられる。

 

叱ったとき、マフラーを巻いた泣き顔に癒された。

裸にして、足を開かせて仕置きした。

ごめんなさい。

申しません。

繰り返させて、バイブで虐めた。

よしよしと許すと、また泣いた。

涙の色は違っていた。

 

経験したのは、勇気をだして踏みだしたからだ。

自分を失わないようにしようと思いながら、真剣に向き合い、調教された。

勇気と一生懸命さと純粋さは、試練に向き合うとき力になる。。。

 

SMはただの性欲だけじゃない。

プレイだけじゃない。

 

お別れをちゃんとするために会いにきてくれた。。。

後手、股縄で頑張るんだぞというと、泣いていた。

東京駅で人混みに吸い込まれながら、振り向いて私を探して振り向いた。

 

私とのことは、若気の至りだし、そっとした思いでなればそれでいい。

Mであっていい。

それは性癖じゃない!

孤独やあまえたい、認めてほしいという心の奥のものだ。

 

卒業しても、誰かの奴隷でもいいけれど、自分を大切にいてほしい。

SMはすてきなもので、あっていいけれど、なくてもいい。

 

雪の季節が、私の時間に加わった。

それは優しいパワーになった。

 

北国の夜の空は群青色だった。

-M女調教日記

Copyright© あまいSM せつないSM  , 2019 All Rights Reserved.