縛られたい 奴隷になりたい 首輪をされたい 調教されたい M女のためのサイト

あまいSM せつないSM 

M女調教日記

お仕置きされたい 尻を鞭で叩かれたいM女願望

投稿日:

 

 

俯いて、横を向いている。

半分髪に顔が隠れていて、女の美しさが強調されていて、少し遠い存在のようにも思う。

それでも、その人は、俺が支配して所有している。

諦めたように、俯いているのがいい。

部屋は寒くないのに、肌は粟立っている。

縄を受けた胸が、そっと膨らんでいて、手の平に包むと柔らかい。

二の腕に廻した縄は肌になじんで、後手縛りの体が小さく震えている。

股縄のコブに腰をもじつかせる。

これから意のままにされる自分と向き合って、被虐と羞恥と体の疼きに耐えている。

調教される奴隷として、体が鞭を待ちわびている。

そして、そのあとのあまい責めを期待している。

乳首が固くなっていて、転がし、はじき、喘ぎや表情を食い入るように見入る。

正座の腰のなだらかなラインに、受け身の女のはかなさを思う。

 

鞭への焦らし

 

尻を見せなさい、と言うと、ひっと体を震わせてから、背中を向けて、膝で立った。

少し逡巡して、仰ぐように上を向いて上半身を倒していった。

頭と肩を床につけて、もう少しだけ膝を開いた。

背骨を曲げているのは、濡れているを見られるからだった。

尻を平手で叩くと、はい、と背中を反らせた。

尻がせりあがる。

 

大切にしてもらうこと、女としてみていてくれること、それからMとして虐めてもらうために、主人に体を捧げる。

温かくて柔らかい尻を開くと、「ああ…恥ずかしい」と嘆いたけれど、奴隷だから姿勢は崩さなかった。

つけさせていた股縄を静かに外す。

空気に触れて、見られていることを意識して、アナルがすぼまる。

「開きなさい」

力を抜くけれど、羞恥でまたすぼまる。

ぱちんと叩くと、ごめんなさいと、拡がる。

 

人差し指で女の筋をさすりながら、親指でそこの周囲をなぞる。

縛った手を握ったり開いたりする。

左手で腿の裏側や尻の横をさする。

内腿の筋が張っていて、それでも肉は柔らかい。

 

豆をとんとんとしながら、ここは誰のものかと聞くと、「ご主人様のものです」と苦しそうに答える。

親指でアナルを同じようにして、ここも俺のものだというと、「はい、ご主人様」と声が裏返る。

よしよしと、指を動かすと、女から内腿にすっと垂れて、ああ…恥ずかしいと泣きだしそうにした。

 

しばらく続けていると、喘ぎがあんあんとあまくなり、それから、ああ とせつなげになった。

鞭がほしいな、と聞くと、がくがくとうなずく。

髪が揺れる。

素直だから、仕置きの理由がないというと、くださいと尻がかすかに動く。

「せつないな。せつない、せつない」

指の動きを早くして、体をさすりながら耳のそばで囁くと、ご主人様…と少しだけ泣いた。

何度も開放しそうになり、それでも、勝手にいくことは許していないから、体をもてあまして子供に戻ったようにすねるように、あまえるように、鞭をねだるように尻をグラインドさせていた。

 

褒美の鞭

 

踏ん張って、肩に力を入れて生きている。

自分に嘘をついて、無理をして、少しだけ、優しい気持ちを押し込めて、社会の中に溶け込むために頑張っている。

それでも、愛を忘れないようにしようともがいていたのが、奴隷だからわかる。

もう自分をいじめるのはやめなさい、という命令を素直だから守っていた。

勇気をだして、一歩踏みだしたのは今の自分を超えるためだ。

 

女が膨らんできて、喘ぎが切迫してきて、鞭の先でそっとなぞると、あんと鼻で哭いた。

素直な女でいますと、ご主人様の奴隷ですと繰り返させてから、立ち上がった。

 

ください、は?

「もう、もう。許してください、ください…」

おねだりしてごらん。

躾けたように、調教される奴隷として、支配される女として、打ってくださいと腰をゆっくり振った。

 

体が火照っているから、鞭が響く。

仕置きの鞭と違う。

子宮が熱いから、鞭の刺激で体を鎮めようとする。

鞭のへさきでなぞると、待ちわびて、尻を振る。

叩くと、あああ、と嘆くように哭いて、催促するように尻が揺れる。

強く打つと、ひっと体を丸めるけれど、すぐに戻して尻を持ち上げる。

昂らされた体への鞭は、子宮に響く。

 

その様を、俺は心を震わせながら、男として昂るけれど、飼い主として毅然と見下ろす。

体の変化は心の変化だから、健気だ。

SMは、そのあまさは、Mじゃないとわからない大人の世界だ。

 

鞭を打たれながら、被虐に酔いながら、次は優しい刺激が欲しくなる。

 

堕ちていくことに、魅力を感じて、それでいいと思う時期もある。

それでも、いつかそこを、自然に超えるときがくる。

とことんまで堕ちたとき、太古のエネルギーが、小さいけれど確かな、体の奥にある炎の燃える音がが、もっとよくなれって、頑張れって聞こえるときがある。

こころの声を信じていい。

その時まで、奴隷でいればいいし、俺はいい女を奴隷にしていたいし、同時に、幸せになってほしい。

お互い、悩んだりもがく中で、自然に落ち着くところに収まるものだろう。

 

すべての生き物は幸せになろうとする本能があるから。。。

心は成長しようとするものだし、魅力に向かうから、今、大切にする時間は、必要なものだから。。。

宇宙は乗り越えられない試練は与えない。

そして、今いる場所が、ほんとうは最高の場所だと、あとからわかる。

感情ではない、自分のこころを信じて、それが向かおうとするところに委ねればいい。

間違いながら、転びながら、自分のいちばんいい場所にいつかいこうと、こころはしている。

その途中だから、発展途上だから、みっともない自分のときだってある。

それも経験として必要な学びの人生だ。

理屈など、学者に言わせておけばいい。

命って、みっともない時もあるし、生々しいし、温かく、深く、優しい。

忙しさやなんかで少し忘れかけちゃってるだけで、愛はすべての生き物に完全な形でほんとはすでにある。

 

だから、ひととき、奴隷として飼われ、縛られ、意のままに体を捧げ、管理されて生きる人生もある。

真性ならばそういう生き方を続けるかもしれないし、隠していた自分を開放して、次のステップに進み輝くのかもしれない。

 

いかせてくださいと、哀願させてから手首の縄をほどいた。

自分で開いて見せなさい。。。

尻の肉を割り、大きく開いた。

閉じて、開いて、と、アナルを動かさせた。

ひくひくさせて。。。

かわいくつぼみは閉じては開いた。

女も同時に蠢いていた。

 

名前を呼んで、服従のポーズを命じた。

教えた通りに、仰向いて、足をM字にして、膝の裏を抱えた。

ペットが飼い主にだけ見せる委ねることを示すポーズだ。

 

ローターを埋める。

髪をよけると、口を開いて舌を少しだけだしたのは教えたとおりだ。

舌を絡ませると、調教されている女として受け身で、俺の動きに呼応した。

振動させ、止めて、半分だけだしてまた入れた。

優しい瞳が潤んでいて、自慰の禁止を守っているなと聞くと、こくこく頷いた。

今日はいいというまでいきっぱなしだと、いっぱいいってごらんというと、はい、ご主人様と、催促するように足を大きく開いた。

 

-M女調教日記

Copyright© あまいSM せつないSM  , 2018 All Rights Reserved.