縛られたい 奴隷になりたい 首輪をされたい 調教されたい M女のためのサイト

あまいSM せつないSM 

Rちゃん

奴隷の体の手入れ 剃毛調教

投稿日:

 

f25f7f97ccf1f1741c2a6919ff2dafe0

 

剃毛は、ご主人様のものであると言う証しだ。

だからRちゃんに剃毛していた。

私がするときもあるし、自分でさせるときもある。

 

それは調教が進んでからだ。

いきなりはしない。

Mとして調教されて自覚がでてきてから。。。

 

剃毛されるせつなさ

 

風呂に入った時や、トイレで剃毛されている女を見て奴隷の自分を思いだす。

躾けのひとつでもある。

あるいは少し伸びてきて、生活の中でチクチクして飼われている自分を感じるだろう。

Rちゃんに昔、聞いたことがある。

飼われている、管理されている体だと思うとあまずっぱい感じがすると、その時答えた。

 

RちゃんをM字に固定して、きれいにしたときのことを書く。

 

Rちゃんの部屋で、剃毛することを宣言する。

「はい」といって、下を向いた。

ハグして、ぎゅっとする。

素直ないい子だとほめてから、

「着ているものを脱ぎなさい!」

毅然と命令した。

 

立ち上がり、静かに脱いでいく。

下着を脱ぐと私に渡すのが躾けだ。

女の部分が濡れている。

いやア、と両手で顔を覆う。

「足を開いてごらん」

足を静かに開いて、腰を少し引いた。

 

足の間にあぐらをかいて、尻を平手で叩く。

ああ、はいといって、腰を少し突きだす。

手は?と聞くと、ゆっくり両手を後ろに廻した。

 

指の先で伸び具合を確かめる。

女の上の土手、左右の膨らみ、アリの戸渡。。。

Rちゃんは飼い主に所有されている体をもじつかせていた。

せつなげに小さく喘ぐ、目をつむって横を向いた表情はMのそれだ。

かわいさの中にM女のせつなさがある。

女に指を入れてゆっくり動かす。

あっあっと喘ぎ、やがてあんあんと悩ましくなってきた。

両手で広げると、ごしゅじんさまと呟いた。

 

縦の筋は光っている。

これから、足を開かされて剃られることを想像しているのだろう。

管理されている自分に感じている。

 

縛られたい。。。

そう思っている。。

 

そこにキスして、縄を用意すると、奴隷として調教されているRちゃんはいつものように正座になって手を背中で交差させた。

準備する間、そのままで待たせる。

戻ってきたとき、俯いている後ろ手のRちゃんがたまらなくいとしかった。

ベッドに上がらせて、ちんちんしなさいと命令する。

足をM字に開いて、きつく目を閉じた。

 

Rちゃんに剃毛したのは調教して1年くらいしてからか。

縄の感覚、縛られる安堵感とか、首輪をかけて、四つん這いで、尻を差しださせて委ねるあまさとか、軽い鞭でお仕置きした後、ハグして解放させたり、焦らして、奴隷ですと誓わせてから解放させたり。

ご飯を食べたり、酒を飲んだり、いろんな話をしたり。

そういうことを積み重ねてからだ。

調教はただのプレイではない。

主従関係の確認で、愛し方だろう。

 

昂ぶらされ、剃られる

 

もう一度、指で刺激する。

私はSだ。

昂ぶらせてから、だ。

 

小さく喘いでいるRちゃんの耳元で命令すると、

「きれいにしてください」

ほとんど聞こえない小さい声。

一度ハグしてから、少しずつ剃る。

 

ペットの毛づくろいは飼い主の権利だ。

今の自分をRちゃんは、つまり、子供がおむつを替えるような姿勢で、そこを奴隷の証しとして剃られている自分を、Mとしてせつなさと性的に喜びを感じている。

 

かすかな喘ぎが続く。

定期的に、体がぶるっと震える。

大きく動けないから、わずかな震えがかわいい。

きれいな体は私のものだと思うと、きれいにしながら心は慄く。

このままずっといられたらと、その時強く思ったのを覚えている。

 

あの頃、Rちゃんの体は私のものだったから、すみずみまで熟知していた。

心のほとんどを理解していた。

この世界でふたりだけだった。

 

剃った後、うつ伏せにしてなだらかな稜線のような尻のラインをなぞる。

敏感になっている女をいきなり刺激するほど野暮じゃない。

 

髪の毛をすいて、背中をそっとなぞる。

少しひりひりするであろうそこと、やさしくなでられる肌の感触にRちゃんは耐えていた。

 

もう少しで、Rちゃんはたくさんご褒美が待っている。

 

別の日の剃毛

だいぶ伸びてきちゃったから、剃毛。

剃毛は、SMのあまさを教えて、奴隷として育ってからだ。

ずっとあとだ。

お風呂に入れて、乾いた縄で縛りなおす。

シェービング・クリームと男用の髭剃りを持ってくる。

Rちゃんは一人暮らしだけど、このためにこの二つは部屋に置いてある。

ベッドに寝かせる。

お尻の下にハンカチを敷く。

足を開かせてその間に僕は座った。Rちゃんは剃られるのが苦手だ。

「とにかく恥ずかしい」らしい。

でも最近は切なそうな顔をする。

主のものであることを自覚する。

ペットの毛の手入れは主の楽しみのひとつだ。

Rちゃんは目をつむっている。

これはしつけだ。

主従関係をはっきりさせる儀式でもある。

すぐにそらない。

毛をつまんだりなでたりしばらく手触りを楽しむ。

しばらくするとRちゃんが、あぁと顔を横に向けた。

お互い仕事や何やらでしばらく会えなかったから、誰が支配者か、自分はどういう立場か、なぜ剃られるのかなどを確認する。

Rちゃんは最近とても素直になったから、ひとつひとつにきちんと答える。

支配、管理されることに昂ぶるようになっている。

わざわざ指で昂ぶらせて寸止めしてから、いつも剃る。

シェービング・クリームを塗る。

ゆっくりゆっくり時間をかける。

そして丁寧に、残らないように剃っていく。

剃りながら、僕は、普段のRちゃんを想像した。

仕事をしているRちゃん。

友達とご飯を食べているRちゃん。

電車に乗っているRちゃん。

ひとりで暮らしているRちゃん。

たまに田舎に電話するRちゃん。

普通の女の子のRちゃん。

手を止めて、Rちゃんを見る。

顔を枕にうめるようにして目をつむり、甘い昂ぶりにじっと耐えている。

時折、半開きの唇から小さな喘ぎを漏らす。

Rちゃんはまだ若い。

Rちゃんが結婚することになったり、決まった相手があれば、関係は終了する。

奴隷契約書を破らなければならない。

それを考えると胸がつぶれそうになる。

それを掻き消すために、僕の何であるかを聞く。

Rちゃんは剃られながら、「奴隷です」と小さな声で応えてくれた。

それから甘えるように、ううぅぅと声を出した。

自分の立場に自分から昂ぶる。

「支配者です」

「素直なペットです」

「管理されています」

「Rの体はRのものではありません、好きにしてください」

「はい」

と小さな声で答えさせた。剃り終わると、乳液を丁寧に塗る。

Rちゃんを抱き起して長いキスをした。

Rちゃんは身をゆだねて甘い時間を堪能する。

いつまでもそうしていたかったけれど、足元に座るように命令した。

はいと返事をしてベッドから降りて足元に正座する。

そして教えられている通り、後ろ手に縛られた体を倒して、服従を示すために僕の右足の甲に口をつけた。

正座に戻ると、顔の前に右手のひらを出した。

Rちゃんはいつものようにそこにあごをのせて僕の目を見た。

指を出すと目をつむって丁寧に舐めた。

-Rちゃん

Copyright© あまいSM せつないSM  , 2018 All Rights Reserved.