縛られたい 奴隷になりたい 首輪をされたい 調教されたい M女のためのサイト

あまいSM せつないSM 

ちえ

SとM 調教と恋と月

投稿日:

 

 

商売でドタバタしていた。

だけど感謝されてできる仕事に感謝を忘れないようにした。

それでも疲れちゃって。

部屋帰ってもひとりだったからひとりで街に酒飲みに行った。

門倉有希のJを唄った。

そしたら、その子を思った。

 

優しいSM 温かいSM

 

中途半端で終わってしまったことは今でも悔いている。

家族がいる人と深くなったのははじめてだった。

おたがい辛くなるからと躊躇しながら、ジャブを打つように始まった出会いだった。

 

その子は真っ正面からぶつかってきた。

だからこっちも真剣に向き合った。

 

限られた時間の中で一生懸命に繋がろうとしてくれた。

すぐに切れてしまいそうな糸をたぐりよせるような、頼りない関係性だった。

それでも主従だった。

俺は恋をしていた。

 

辛い思いをさせちゃったけど、それでも出会えたことはお互いプラスにいつかなるし、よかったのだろうと今思う。

 

出会いサイトや性感SMとかと勘違いしているメールもたまにきて、さみしくなる。

主従の関係ってそんなもんじゃない。

 

「ご主人様が嫌ならば、私は旦那とセックスはしません」

その子ははっきりそう言った。

心が震えた。

少し忘れかけちゃっていた、優しい気持ちが戻ってきた。

 

そして思ったのは、俺と関係していたら、もしかしたら、人生の足元を壊してしまうのではないかということだった。

向きになって生きてきた目をしていた。

それがちえの生き方で、それを崩してしまうことは絶対にできないことだった。

 

ぶくぶく太ったスナックのばばあの顔をみながら飲んでたら、よけいに酒が回った。

疲れてるんだとばばあは言ってたけれど、ばばあの顔のせいだった。

そういうことははっきり言えないから唄歌った。

 

「J」はほんのりきて、隣りの禿げが盛んに拍手していたけど、そんなのはどうでもよくて、歌詞に、その子はどうしているかと思った。

 

ご飯を作り、掃除をして、布団を干して、隣りのおばちゃんとも上手に向き合いながら、ふと風を感じたり、月をみたりしているのだろう。

時間に追われ、生活の中に埋もれていく人生を、それでいいのかと逡巡しながら、それでもやらなきゃいけないことを一生懸命こなしているのだろう。

M性や自分のやりたいことは全部後回しにして、みんなが寝静まったころ、闇の中で孤独を感じてどうしていいのかわかなくなる時もあるだろう。

 

自分の殻を破ろうとして、俺と向き合おうとした。

それでも生活も大切だからそのはざまで悩んでいた。

そして、俺のこともとても心配してくれた。

 

俺は田舎の農家で育ったから、ばあちゃんが俺を育ててくれた。

ばあちゃんは、くそ生意気な俺をただ褒めてくれた。

ばあちゃんに叱られたことは一度もない。

お前は人の気持ちがわかるから、それをいつまでも忘れるなって、人のために何かをできる男になれって。。。

自分に誰かが何かをしてくれたら、それを誰かにお返ししろって。

 

その子は、そういうことを思いださせてくれた。

 

主従で恋人

 

ほんとうにわずかな時間だった。

ぎりぎりの中で会い、時間は止まらないから、また離れた。

離れると、心の距離は近づくということを知った。

 

辛くなり、それでも求めあった。

思いでになっちゃったけど、その時はつらかったけど、今は宝石のように大切なものだ。

 

性欲だけのプレイがSMじゃないと思う。

少し奥のところで、ちえと触れ合い、その子も俺の奥の部分を共有しようとしてくれた。

いつも静かに、控えめにそっと笑った。

俺と向き合うときだけ、自分をさしだしのは、自分と向き合うためでもあったのだろう。

浪人生のような中途半端な目をしていた。

今の自分を、いいのかとか、それでいいとか、逡巡していたのは、俺は主だったからわかるし俺しかわからないことだったと思っている。

 

失敗を繰り返して、いろんなことに触れながら、成長していくのが人だから、宇宙がステキになるためにいろんな経験をさせようとしているんだよって、いつか会えたら言いたい。

 

俺に見せるように、ふだんの自分からもうひとりの自分に変わるように、ゆっくりと脱いでいった。

ほんとうにさなぎが蝶々になるようだった。

心細げな瞳が、覚悟を決めたように一瞬、きっとなり、潤いを帯びてから、安らいだ感じに変化した。

生まれたままの姿で、ちょこんとかわいくいた。

Mのはかなさと女としての戸惑いと、いろんなものを含んだ表情は、少しすねたようで、さみしげで、被虐も感じていて。。。

開放しようとしていたし、瞳の真ん中の黒いところは俺しかわからない。

そこを俺にだけ見せてくれたこと、そのために小さな心で逡巡して勇気をふりしぼってそうしたことは、何もいわなかったけど、わかる。

 

奴隷のポーズをさせた。

膝立ちで両手を頭の後ろで組む。

腰をつきだし、飼い主に体を捧げる。

次、と言うと、躾けた通りに自分で開いた。

そうしながら自分と向き合おうとしていた。

そんなの目を見ればわかる。

主従って深くなるから、なんだか全部わかっちゃう、不思議だけれど。

 

背中を向けて、頭をつけた。

ゆっくり腰を持ち上げて、上がりきると、少し間をおいて、尻をぐいと持ち上げた。

そして両手を背中で組んだ。

検査のポーズだ。

 

見せてごらんと言うと、いつも、聞こえないくらいに、ああ…って嘆いて、両手で自分で開かせた。

よしというまで、そのままの姿勢を保つことが奴隷の作法だと教えたので、ちえはそれを守った。

羞恥と被虐のあまさとを感じながら、見られていることに耐えられなくなると、体が自然に反応してぐいと締まった。

「力を抜いて、開きなさい」

はいご主人様、 そしてゆっくり蠢いて開いた。

それでも羞恥に負けて、またすぼまるから、開いたまま、というと、別の生き物のようにちえの女が動いた。

胸が、ぎゅっと締まった。

 

閉じて。

開いて。

ストップ。

ひくひくさせてごらん。

もどかしさに動くから、おあずけ!

かわいい声で、はい、ご主人様。。。

 

そこは誰のものか聞いて、所有者は誰かと聞いて、ご主人様のものですと聞きたくて、何度も言わせた。

なんでそんなポーズをしているのかと聞いて、その子はご主人様の奴隷だからですと聞きたくて。。。

何度も復唱させた。

その子の体はご主人様のものだから、ご主人様の許可を得ないとさわれません。

ご主人様の許可がないと、いくことはできません。

 

限界に近かったから、欲しいならおねだりしなさいって命令した。

ください、と言うのをまだだとか、何とか言って焦らした。

お願いしますと哀願させて、素直にしますと誓わせた。

 

筆をねだらせ、焦らした。

性欲だけで俺と向き合おうとしていたのではなかった。

 

いい子って言って、こっちを向いて足をM字と言った。

自分でしなさい、って指を動かさせた。

あまい吐息が耳の奥に響いた。

切迫してきた感じになると、おあずけ! と止めて、はじめ! の合図で再開させた。

 

かわいらしい膨らみがぷっくりしてきて、子宮が下がってきて、寸止めさせた。

はかなげで、弱々しくて、穢したとしても、弄んだとしても、初々しさと羞恥と気高さは失わないだろうと思わせる女だった。

 

あああ…と上を向いて、それでも、はいご主人様と指の動きを止めた。

足をもっと開いてどうなっているかちゃんと見せなさい。。。

Sというのは、どうしようもない生き物だなあと自分で思いながら、ただその子を見ていた。

 

両手を背中で組ませた。

いいというまで、そのままにさせて女や表情に魅せられた。

やられちゃったなあって思った。

離せないのは俺の方じゃないかと思った。

 

そんなことをぼんやり思いだしながら酒を飲んだ。

疲れを癒してから、今日だけは、女の香りや黒い瞳やはにかむ笑顔に、思いでに浸りたいと思った。

 

Sらしくないとか、男らしくないとか、そんなの思うならそう思えばいい。

俺の荷や苦やさみしさを、誰が共有しようとしてくれたのか。

その相手の気持ちを俺は忘れちゃいけない。。。

 

大切なパートナーと出会えたら、忘れるだろう。

その人と真剣に向き合うために、鍵をかけて、そっとしまっておくだろう。

 

十月の風

 

ひとつの季節と感じるほどの時間だった。

少し違うかもしれないけれど、あいつもそんなふうに感じていてくれるだろう。。。

 

中島みゆきの「糸」を唄って、帰った。

十月の風がいい。

少し潮の香りがした。

鍵を開けると暗くて、窓から月が見えた。

 

運命は残酷だ。

運命ならば、隣りにいてくれただろう。

生まれ変わったらということをよく話した。

 

灯りをつけるのがもったいないから、そのまま寝た。

月の静かな灯りが、いろんな全部を包んでくれた。

どんなにさみしくても、月も太陽も変わることなく照らしてくれている。

次の日、寝過ごした。

だめだなあって頭をごちんと叩いた。

 

-ちえ

Copyright© あまいSM せつないSM  , 2018 All Rights Reserved.