縛られたい 奴隷になりたい 首輪をされたい 調教されたい M女のためのサイト

あまいSM せつないSM 

ブログ

自分がMか確かめたい

投稿日:

 

 

 

 

強くなれないとき、いつもM女にあまえていた。

 

それは主従として違うという人もいるだろう。

恋人のような関係と、主従は別だという人もいる。

それはそれで、その人だからそれでいい。

SMというのは、幅が広いし、奥が深いし、いろんな人がいる。

それでいい。

 

人はそれぞれ幸せに向かおうともがいている途中の存在だから。

 

忙しければ、時間が欲しい。

お金がなければ、お金が欲しい。

腹減ったら、飯を食いたい。

さみしいなら、誰かがとなりにいてほしい。

 

幸せって、今ないものを求める心の状態なのかもしれない、なんて感じるときもある。

 

インドの聖者は言う。

あなたは、あなたの足りないところを学ぶために生まれてきた。

宇宙はすべてをすでに知っている。

あなたは今あなたが学ぶべき、最高の場所にいつもいるのだ。

それにあなたは気づいていないだけだ。

今いる場所から始めなさい。

心は魅力に向かおうとする。

あなたの心の中にだけそれはある。

あなたはそとのしあわせを幸せと勘違いしているだけだ。

幸せの青い鳥は、あなたの中にすでにある。

あなたはそれに気づいていないだけだ。

宇宙進化の法則は、あなたはあなたのままで、もがきながらいきていくことで、進化していることを知っている。

知らないのはあなただけだ。

大丈夫、そのまま進みなさい。

スワミ・シバナンダの言葉

 

宇宙ってきっとそういう法則があるんだろう。

大きなものにほんとは守られているんだろう。

そう思うけど、孤独だ。

そんなとき、いつも隣にいてくれるM女が俺を癒してくれた。

今いないし、もうすぐ現れるかもしれない。

すべてを俺にさしだした。

心もだった。

SMは性欲とか体の関係だけのものじゃない。

そういう人もいるし、そういう人が実際は多いだろうけど俺はそう思っている。

 

目の前で、静かに服を脱いでいく。

命令され、脱いでいく。

もちろん、恥ずかしい。

ひとつずつ脱ぎながら、M女は自分に戻ろうとしているような感じがする。

見られる、という思いは少しずつ、見てほしい、見てくれている、みたいに変化する。

羞恥はあまい責めでもある。

 

生まれたままの姿になる。

首輪をつけられて、躾けられた通り、四つん這いに這う。

繋がれているという感覚は、守られているという安堵に変わるのだろう。

 

自分をすべて理解してくれて、かわいがってくれて、認めてくれて、見ていてくれて、受け止めてくれて、女として見ていてくれて、そしてすべてを許してくれて。

 

自分がMであるか、そうじゃないか

 

縛られるのは、縄にハグされることだ。

あまい。

首輪でつながれるのは、ほんとの自分を委ねることだ。

せつない。

飼われるのは、あまえたいからだ。

それはさみしいからだ。

性の部分、ふだん隠していることを飼い主にだけさらけだす。

女としての自分を知ってほしいからだ。

体を捧げる。

自分はここにいるって叫びたいからだ。

管理されることは、守られていたいからだ。

それは自分じゃわからない不安とか、今の自分が少しだけ好きになれていないからだ。

飼われて、管理されて、愛されることはあまずっぱい。

 

 

そういう感覚を感じる人はMです。

 

性のはけ口として利用されるだけとか、なんでもかんでも飼い主の命令に従うだけとか、性欲だけとかは少し違うと、俺は思う。

これは俺の感覚なので、違うと思う人はそれでいいし、それぞれでいい。

 

 

自分の人生に向き合おうとして、悩んだり、もがいて、苦しんで。

荷や苦やさみしさを、それでも乗り越えようとして、一生懸命生きていて、それでもMの性として、Mとして生きるか、Mの部分を満たして充実させるか、あるいはそこを癒して卒業するか。。。

 

つまり、切実で、真剣で、そういうのがSMで、ただ性欲の延長だけの感じの相談、たまにあるけど

さみしくなる。

 

そしてもっと書くと、辛いとか、あまえたいとか、委ねたいとか、首輪をされたいとか、縛られたい、管理されたい、などなどのM女の思いは、ぜんぜん恥ずかしいことじゃない。

変態じゃない。

それは感性の豊かさだ!

 

その思いの奥にあるのは、幸せになりたいという思いだけだから。

それが人によっては、おいしいものだったり、服だったり、酒だったり、人の喜びだったり、社会への貢献だったりする。

人って、みんな発展途中の存在だから、少しだけみんなずれているし(笑)、それは当たり前だ。

完全じゃないのだから、失敗しながら成長していこうと命はしている。

宇宙は、もともとそういう大きなものだから、そこで生きているのだから、ほんとは苦しむことはない。

もがいて、失敗して、いっぱい悩んで、頑張って、まただめで、って、何度も何度も繰り返しながら俺たちは成長していくのだろうから、苦しむことはない。

どんな自分であろうと、今を認めていいし、そこからはじまる。

 

そして、俺はM女に逆に委ねていたのかもしれない。

Sとしては失格なのかもしれない。

それでも、奴隷になってくれた相手には、すべてを、弱さもみせたかった。

それは、すべてを委ねる相手に対する礼儀のような気もしたし、こっちがあまえていたのかもしれない。

そんなとき、いつも寄り添おうとしてくれた。

それができないと、悩んでくれた。

俺のことを心配してくれて、年が違う、状況が違うから、お別れしようという余韻を感じると泣いちゃった。

 

主従は、かけがえのない存在でありたい。

 

もちろん、そういう感じじゃないというSもMもいる。

凌辱や、ひどくされたい、ひたすらいじめられたい、みじめなじぶんでいたいなどなど、確かにあります。

それはそれで個性だから、それでいい。

 

俺は俺のM女に対する向き合い方、SMの考え方で、それも個性で、ようは合うか合わないかだけかもしれない。。。

 

-ブログ

Copyright© あまいSM せつないSM  , 2018 All Rights Reserved.