縛られたい 奴隷になりたい 首輪をされたい 調教されたい M女のためのサイト

あまいSM せつないSM 

ブログ

奴隷の悦び SMとマイノリティ

投稿日:

 

 

M性はマイノリティだと思う。

それでいい。

(これは個人的な意見です)

虐められることに悦びを感じる。

管理されることに安らぎを思う。

ふつうはそうじゃない。

だけどそのことにときめく。

だからマイノリティで、そのままでいい。

だけどそれは特別なものでも、変態でもない。

可愛がられたい、誰かにみとめてもらいたい、ひとりでは風が吹くと倒れそうになるからだ。

そしてそれは、あまえたいという願望だ。

それは愛されたいからだ。

なぜかというと、自分も人を愛する人に戻ろうとする心だ。

その理由は、さみしいからだ。

セックスのマンネリや性欲の延長でSMごっこもいい。

なんちゃってSMもいい。

だけど、ほんとの主従関係はもっと深いし、あまいしせつないものだと思う。

それはプレイのハードとかソフトではない。

被虐の悦びと、奴隷として調教され、かわいがられ、お仕置きされる自分でいたいからだ。

経験しないと、わからない。

同時に人として、女として暮らす中で一時期かもしれないし、性奴隷という生き方が自分にふさわしいと思うかもしれない。

深い癒し、開放、成長、今の自分を超えるために奴隷の時間があってもいい。

ちゃんとしたいって、今よりもっとよくなりたいと思うのが、進化しようとするのが命だからだ。

ただ、ストレス解消や性欲のはけ口だけなら、少しだけさみしい。

 

奴隷として体を捧げる

 

少し乾いている状態がいい。

だから自慰を禁止する。

股縄で生活させる時もある。

会うと、普段の社会の中での女性だ。

頑張ろうとしていて、もがいていて、理想通りにいかない自分を責めたりして、ああしようとかこうしようとかやりながら、人の波にのまれそうになりながらふんばっている。

目の前に立たせる。

仕事や生活の疲れがほんのりある。

ゆっくり服を脱ぎながら、自分に戻ろうとする。

いつもの自分から、もうひとりの自分に変わっていく瞬間の女らしさはM性のある女性だから色がある。

覚悟を決めて、よしって下着を脱ぐと、表情が変化する。

飼い主として俺も毅然と向き合おうとする。

主従関係は通常の恋愛より深い。

そして恋愛と少し違う。

男の性として女を求めても、奴隷として自分のものだと思いたい。

 

生まれたままの姿になると、体を調べる。

躾けた検査のポーズをとる。

膝立ち、両手は頭の後ろ。

奴隷として飼い主に体をさしだす。

もう覚悟ができているから、瞳が潤んでいる。

 

そういうのがSMで、ただのプレイではない。

乾いている体はそれだけで反応する。

被虐に酔う感じは、受け身の女らしさで、優し気ではかなくて、自分のものだと思うと、所有者として心が溶けてくる。

荷や苦や孤独を癒すか、できなくても忘れることができると思える。

それは相手も同じだと思う。

震える肩や鳥肌立った内腿に、心の少し奥を覗けたような気持になる。

すべてを所有したくなる。

 

飼い主の意のままの自分でいる平安

 

縄を持つと、背中を見せて両手を交差させる。

緊縛を受ける前のM女は弱くて、もろくて、それを飼い主の自分に委ねようとしている。

これでいいのかと悩んではいる。

それでもMとして縄を受ける。

なぜ縛られるのかと聞く。

教えたように答える。

「体を拘束されることで心の自由を得る」

調教を繰り返すと、縄に体が反応して縄酔いする。

縄に抱きしめられる。

 

これから鞭を与えられるのか、飴で翻弄されるのか、飼い主の意のままの自分でいることに、せつなくなっているのは奴隷だからわかる。

俺の好みに変えていこうとして、そうされることに悦びを感じているのは縛れば、心の機微もわかる。

未来や夢だけは奪っちゃいけないから、そこだけ守りながら、めちゃくちゃにしたいと思う。

ずっとそれができないと思うと辛くなったりするのを、なんとなく感じている風だったりする。

 

肌に食い込ませて縛りながら、縛られているという相手の感覚が息遣いでわかる。

これから与えられる鞭か飴を思うから、子宮が熱くなる。

だからあえて何もしない。

 

 

足をMに開かせて、何もしない。

鞭で叩かれたいと強く思うだろうし、筆で焦らされたい、のに何もしない。

体が熱くなるところ、Mとしての被虐の悦びを感じるのを、ただ見るのも調教だ。

刺激が欲しいから女が動く。

アリの戸渡も濡れてくる。

俯いて、視線に耐えてられなくなり、かすかに喘ぐようになる。

仕置きか褒美を待ちわびる。

それがマゾとしての悦びだし、美しさだ。

被虐と羞恥に酔う様は、はかない。

そのありさまを飼い主にさらけだすのがMの悦びだ。

 

飴より鞭が欲しくなっている。

メスの四つん這いにさせる。

叩きやすいように、尻を持ち上げさせる。

仕置きを待つ表情が見たくて、髪をかき分ける。

SMはプレイじゃない。

鞭で打たれたいと心の底から思わせてから打つ。

弱く打ち、何もしない。

強く叩き、優しくなぞる。

不規則に打つ。

 

打たれるつもりでいると、打たれない。

いつ打たれるのかと尻がすぼまる。

叩かれないと尻が緩んだ時に打つ。

だから、長い吐息で喘ぐ。

強く打つと子宮に響いて、弱く打つともどかしい。

鞭ってそんな感じで、ただ痛いだけじゃない。

 

 

体がとろとろになって、仰向かせる。

見せてごらんと命令すると、いやあと哭きながら足を開く。

鞭で昂った体を見られる。

筆の穂先をゆっくり這わせる。

 

鞭の後の飴はあまい。

わざとそらして、鼠径部や戸渡だけ筆を使う。

足を閉じると辛い仕置きがあるから、こらえて筆に翻弄されて、今度は弱い刺激に耐え続けるのは飼い主に所有されている自分だからだ。

いじめられ、女の様を捧げるためだ。

ようやく豆に筆を使われ、神経をそこだけに集中して、そして筆はへそや鼠径部に逃げる。

焦らされ、繰り返され、直前で寸止めされる。

操り人形のような自分は、この時間は奴隷だからだ。

せつなく喘ぎながら、自分はノラわんこではない、飼い主に所有され愛されていると思うとあまずっぱい。

その様子を飼い主が見ていて、誰にも見せない自分を飼い主にだけ捧げる。

SMはそんなものだ。

あまく、せつない。

それはMだからわかることで、だからマイノリティでいい。

わからない人にはわからないから。

 

もう自分をいじめなくていい。

責めなくていい。

それは心がバランスをとろうとして一生懸命だっただけだから。

輝こうとしている命に向き合っていい。

ブレーキをかけている何かがあれば、外していい。

間違っていい。

間違って、失敗を繰り返して進化するのが宇宙の定めだから。

開放していい。

 

深い癒し

 

何度も体が浮いて、なにもされず、哀願し、ようやく許される。

体の力を抜いて、瞬間を迎える。

のけぞり、反り返る。

少しの余韻を与えられ、昂らされる。

二回目は大きい。

 

体が宙に浮く。

すとんと落ちて、太古の大きな安らいだ時間になる。

うっとりしながら、飼い主のための自分だと思うとやるせなくなる。

かわいいと蒸したタオルをあてがわられる。

余韻はあまく続いて、このままでいたいと思う。

 

それでも奴隷だから、飼い主に開かれ、調べられるのをただ受け入れる。

体の奥まで支配されていたいと願う。

調教ってそんなものだ。

奴隷として調教、飼育、管理されるのは堕ちるのではなく開放だ。

SMはマイノリティでいい。

限られた人しか悦びはわからないだろうから。

-ブログ

Copyright© あまいSM せつないSM  , 2018 All Rights Reserved.