縛られたい 奴隷になりたい 首輪をされたい 調教されたい M女のためのサイト

あまいSM せつないSM 

ブログ

ご主人様と奴隷 主従関係と恋愛

投稿日:

 

 

仕事で疲れきった。

儲けることしか頭にない業者とのつきあいに、魂が違うと泣いていた。

当たり前のことをして、正直な商売で感謝され、そのことに感謝して、星に思い、風を感じて当たり前に暮らしていきたい。

そうなるためにしなくてはいけないことがある。

そのとき、そばにいてくれる誰かがいたら辛いことだってどうってことない。

 

マゾ性という感性 女のはじらい

 

もう遠い過去、ある女性と主従だった。

離婚して、飲んだくれて、心配して、守れなかったことに傷ついて、どうしようもなくて荒れていた。

自分を責めて責めて、それでも生きていかなくちゃならないから、なんとかふんばった。

全部どうでもいいように思ったけど、隅っこでちゃんとしないといけないとわずかな希望を感じていた。

 

それを他者や環境や状況に求めてしまって、何百回も裏切られた。

やっとわかった。

自分の中に希望があった。

 

すべてを宇宙に委ねることにした。

自分では超えられないことって、生きてりゃある。

人を信じて裏切れらたり、都合のいいようにされたり、適当に向き合われたりってある。

辛かったから、余裕がなかったから、そういうことが重たかった。

 

その人は俺と同じだった。

悩んだり、考えたり、バランスをとろうとしていた。

調教したから、マインドの奥をわかった。

裸で縛ると、肌の感触で気持ちが伝わった。

 

瞬間のふとした表情が、心のほんとの部分だ。

次の瞬間、はにかみに変わる。

Mとしての奴隷の羞恥になる。

調教していく中で、本音の表情を少しずつ見せるようになった。

そのときの、眼をしばたたくことや、少し開いた唇や、眉の哀しげなところや、肩が華奢でせつない感じがステキだった。

 

きれいでかわいくて、スタイルがいい女性が、誰だって男ならいい。

だけど、それ以上のものが女性の魅力だ。

SMは、そういうのを、女性の魅力を引きだすのだと思う。

 

はにかんだ口元、委ねるときめき、羞恥、被虐、余韻。。。

ごめんなさいと鞭うたれ、いい子だとハグされ、小さい頃の純真だった自分に戻る瞬間。。。

そういう変化に俺は立ち会う。

俺にだけ見せてくれる仕草がから、俺もちゃんと見る。

 

自分はまっすぐで、温もりに守られていて、ぐっすり眠れて、星が見ていてくれて。

奴隷になるというのはそういうことで、堕ちることじゃない。

 

優しさや思いやりや、人の善を信じること、心はきれいなままでいること、いようとすること。

M性って、ほんとは性欲じゃなくて、そんなところからくるのじゃないかなと感じる。

 

自分に戻りたいんだろう。

今の自分を変えようと、輝こうとする心の自然な要求なのだろう。

辛いから、あまえたい。。。

癒してから、傷が癒えたら、人生に真っ向から向き合いたいんだろう。

ほんとの自分は、今の自分じゃないはずだと、もっとステキなんだと自分を認めたいのだろう。

さみしいから、自分と向き合えないのだろう。

不安で怖いのだろう。

そして、自分のM性をもてあまし、どうしていいかわからなくなり、勇気をふりしぼり、奴隷の自分を経験しようとする。

 

自分で体験して、マゾとして深くなるか、癒して開放するか、バランスをとるか、自分で一生懸命考える。

そういうのを俺は主として見ている。

理解しようとする。

結果として、愛しくなって、恋になっちゃって、主従から主従恋愛みたいに自然になっちゃうのがいつもだ。

 

ほんとは毅然と向き合うのがいい。

できない。。。

 

ご主人様と奴隷 自分に戻る時間 退行する心

 

飼い主と奴隷の関係ってそういうもので、女として恋人としてみることと、奴隷として向き合うことの両方をしながら、いったりきたりする。

動画や小説のようにはいかない。

離れたり、近づいたり、笑ったり泣いたりしながら関係を深めていくのがリアルなご主人様と奴隷だろう。。。

 

そういうのをお互いわかっていて、俺が俯くと、温かく女として接してくれた。

主として毅然と向き合うと、自分はご主人様のものですと俯いた。

髪の香りがして、夜の闇をひとりですごしてきたことがわかって、そんな空気の中で向き合った。

だから、自分がその人にしたいと思うことをした。

 

酒を飲みながら、隣りで体を慈しみたかった。

その時に見せる表情を近くで感じていたかった。

 

高手小手に厳しく縛め、横座りさせた。

肩を抱いて、ゆっくり酒を飲みながら、弄んだ。

足を開かせた。

尻を向けさせた。

横抱きにして、肩を掴んだ。

乳首を指で転がして、俺のものだと思った。

焦らし、寸止めして、その様子を見た。

仰向けで足を開かせ、そのまま放置した。

恥じらい、足を閉じようとするから、叱ると、はいご主人様とそっと開いた。

 

豆をはじきながら、ここは俺が所有しているから、見たいから、きれいにすると剃毛を宣言すると、ああ……と喘いだ。

M性はそういうところだ。

自分がこういうプレイをされたいとかは、まだまだ青臭い。

最初はそこから始まって、少しずつ、甘さや被虐を感じていけばいい。

最初は恥ずかしさやどきどきしかない。

 

主のための自分。

主にきれいだって、いい女だって感じてもらいたいのがM女だ。

 

尻を持ち上げさて、女をさすりながら、平手で叩いて、そういう奴隷になりなさいって、きれいな尻に囁いた。

静かに、そっと命令する。。。

逡巡する時間を待つ。

逡巡しているとき、とても魅惑的だ。

それから、諦めたように従う。

 

ゆっくり教育して、少しずつ素直になっていって、そこがいい。

 

膝にのせて、思いきりハグした。

男と女として向き合いたかった。

 

次は所有するものとされる関係だった。

少しの時間、いい女だなと思い、誇りたかった。

ご主人さまと奴隷の関係と違う時間を持ちたかった。

心臓の鼓動がずくんずくんとして、それは俺の鼓動だったのかもしれなかった。

 

背骨がきしみ、肩が震えていて、頬は柔らかく、髪はさらさらしていて、それでなにもいらなかった。

あとでみっちりかわいがるからというと、体を密着させてきて、はい、ご主人様と弱く答えた。

 

調教されながら退行し、優しさを思いだし、癒し、もう一回頑張ってみようとする。

SMってそういうもので、ただのプレイとかじゃない。

ふたりの関係性だ。

 

縛った体が体温を帯びた。

その人は調教されたM女として、しつけたことを実行した。

またいでいる俺の腿に女をあてて、ゆっくり動かし、濡れ具合を俺に教えた。

自分はあなたのものですと服従を示すために、肩を後ろに引いて胸をだして、うつむいた。

いろんなことを含んでいる表情で、飼い主として自分にだけ見せているのだろうと思った。

ふだんは、社会の中で社交辞令とほんとの自分とバランスをとって、自分に傷つきながら暮らしている。

俺も同じだろうと思った。

いいんだって、今はふんばっていればいつかわかる。

この人の幸せは俺じゃない、自分の中に答えはすでにある。

それでそれを超えて、そんなの関係ない、俺がこの人の飼い主だから守りたいと強く思った。

俺にできることは、被虐を与えることだった。

長い喘ぎが女を感じた。

なにがいいとか正解とか理屈とか、そんなの関係ないと思った。

この人の未来が輝いていればいい、安らかならいい。

喘ぎが切迫してきて、人としてというより、男として、女としてただ向き合うしかなかった。

ああ… ああ… から、あん あん、とあまく、ああんと余韻を残す感じになった。

ごめんなさいと哭いても許さなかった。

自分を離して俺にさしだそうとしていた。

胸が、ぎゅっと締まった。

 

-ブログ

Copyright© あまいSM せつないSM  , 2018 All Rights Reserved.