縛られたい 奴隷になりたい 首輪をされたい 調教されたい M女のためのサイト

あまいSM せつないSM 

M女理子

野外調教 縛られローターで奴隷の散歩 M女理子

投稿日:

 

仕事でおばあちゃんと接する機会が多い私は、ご年配の方と話が合う。

 

 

ありがたい、ありがたいといい暮らしている。

小さな仕事でごめんね、ありがとう、忙しいのか、体は大丈夫なのかと私を心配してくれる。

しわくちゃで、ちっちゃいけれど、こころは広くて温かい。

この人は日本人なんだっていつも思う。

相手をまず思いやる、感謝をする。

 

理子にそんな話をした。

理子は若いから、深くはわからないけれど、わかる子だと知っているから話しをした。

うんうんって聞いていて、時折、いたずらするように、させている股縄を引っ張ったりした。

 

人として

 

自分さえよければという人もたしかに増えた。

 

相手の気持ちを理解するのは簡単なことだ。

愛でふだんを生きればいい。

皆に愛されたり、いっしょにいたいと思う女性というのは愛のある人だ。

 

私は私の奴隷には、そういう女性になってもらいたいからそういう話とかよくする。

私はそういう経験ができたので、宅急便のお兄ちゃんにもありがとうと一言かける。

ご飯を食べたら、おいしかったよって言う。

 

スピリチュアルは大切だけれど、それよりも足元のところを大切にするのがいい。

SMにおぼれる中で、ふと、自分と向き合える時がある。

忙しかったり、ストレスがどうとか、理想通りに生きられないとかで悩んだり苦しむ。

悩むのは、答えを出すための必要な時間だから、悩んだり苦しむ時間から逃げたらいけない。

酒に逃げたり、考えない方が楽だからというのは違う。

辛いけど、そこと向き合って、心の奥の芯のところが何を求めているのか、どう生きようとしたいのか、ちゃんと向き合わないといけない。

 

ふだんの人間関係や仕事は、多くは表面のつきあいや外側の皮の部分のところで終わっている。

それが大人になることだと勘違いしちゃだめだと、理子が真剣に聞くから、私は調子に乗って話した。

そこにたぶん、愛とか平安とかすでにあって、忘れているだけで、それ以外のものは一時的な楽しみでしかない。

しかしそれを追いかけちゃうことも、人としてかわいいもので、みんな間違うし、完全じゃないから、弱いながらみんな必死に生きているから間違うんだから、そういう視点で人を見たらいい。

 

横浜のバーだ。

周囲に気づかれないように女に指を入れると濡れていた。

 

ローターを渡して、トイレで入れてくるように命令する。

難しい話はもういい。

この子はちゃんとわかっている。

 

戻ってきて、隣に座り、スイッチをカウンターの下で私に渡した。

弱に入れて飲み物を頼む。

明日は休みだから、あの頃は週末は理子との時間がすべてだった。

なんだか三角のグラスのカクテルがきて、テキーラに何か入れてるとか説明をきいている。

 

私はそんなものわかんないから、バーボンを頼んだ。

ほんとは焼酎が飲みたかった。

お腹がすいているという理子はカタカナの料理を注文した。

いつものばあちゃんとこの肉じゃがが食いてえとは言えない。

アヒージョを頼んで、スイッチを止めてそのままにした。

いじわる、と理子が私を見た。

 

中途半端な状態でこれから過ごすことを察して、そうされて耐える自分を私が見ているのを想像している。

SMはお互いのある意味心理戦といってもいい。

相手がどうしたいか、どう感じているかを想像してそうさせる。

 

幼かったころのこと

 

酒を飲みながら、股縄の状態を確認した。

となりにいる、かわいい女の子は私の奴隷だ。

 

なんども強くしたり止めたりしたから、理子は小さくいった。

許可を得ないでいくことは許していないから、小さな声でごめんなさい、ってうなだれた。

まだあどけない女の子の感じと、少し大人の生意気さがないまぜの表情はMだ。

せつなげで、よわよわしく、さりげない色気がいい。

 

うつむいた理子を見ていて、小さいころのこの子を想像した。

家族に見守られながら、ご飯をこぼしながら愛されながら生きていたのだろう。

ひょこひょこ歩いて、小学校に行って、真っ白い状態からひとつづつ、きれいな状態で学び大人になった。

それを今、僕は穢しているのかと逡巡して、違うと思うまで時間がかかった。

それは愛し方だ。

この子の将来はこの子が自分で見つける。

それまでは私の奴隷でいたらいいし、時期がきたら離れていけばいいし、そうじゃないとだめだ。

本物の真正のMなら、また違う生き方がある。

 

飴と鞭

 

ただ無機質に縛ったり鞭を使えばいいというものじゃない。

昂ぶらせて、やるせなくなってから縛る。

鞭で尻をそっと払い、優しくしてから鞭を使う。

それも強弱、間をとりながら、奴隷の状態を見ながら打つ。

ただの痛みから、子宮に響くようになって、あまくなり、そのとき手を止める。

鞭を欲しがるのがわかって、はらりはらりと弱くしていじめる。

一度強く打って、お仕置きの理由を言わせて、ごめんなさいとかご主人様のものです、奴隷ですといわせると、自分は飼われている奴隷なんだと被虐感に女が疼く。

弱く打って、物足りなさを感じさせて、少し強く打ったり、なにもしない。

だからお仕置きは、M女は好きだけど、怖いからいや、という。

 

躾けの仕置きの後に、とことんあまく責める。

奴隷の誓いを口にしながら、涙を流す。

そしてまた、人生に向き合う。

 

野外調教

 

お仕置きを覚悟した理子の表情をゆっくり見て外にでた。

ホテルに行って、見られながら脱いで裸になって、後ろ手で縛り、胸を上下に縄をかけて春コートを着せた。

5月の風が都会にそっと流れていた。

悟られないように、肩を抱いて街を歩いた。

 

縛られるだけで感じるようになった理子は、股縄で街を引き回されるお仕置きされる自分に酔っていた。

街の人たちは、カップルが歩いているとしかわからない。

理子は後ろ手に縛られ、昂ぶらせた女に股縄をされて歩くたびにこすれて感じている。

歩きながら、耐えきれない喘ぎを小さく漏らしながら歩いた。

あまい囁きのようなあえぎがかわいい。

 

青春の思い出にもうなっただろうか。

あのとき、たしかな主従関係だったし、ご主人様と奴隷のふたりだった。

 

お月さんだって、理子の震え、感じ、昂ぶるこころはわからない。

ご主人様の私だけが知っていた。

理子はあの頃、私の手の中で生きていて、それを自ら望んで、時期がきて脱皮して将来のために遠くに飛んで行った。

 

私に管理され、飼われていることで安心しきっていて、でもそれは人生の一時期だとちゃんと教えて、理子は理解していた。

だから大切に管理して飼っていた。

だから、関係はいつもせつなかった。

 

理子が我慢の限界に近くなったので部屋に戻る。

お湯を張る間、縛った理子をハグしていた。

ぐすんぐすんとやったから、素直な女になったとか、いい子だとほめた。

 

お湯が満ちて、部屋が湯気に溢れた。

温かい空気に気持ちが和む。

理子を湯船に浸からせた。

縄は水を吸うから、きゅっとなる。

それでも温かさにうっとりする理子をじっと見おろしていた。

やさしい気持ちだったけど、怖い顔をした。

それから、縛ったまま体を洗った。

洗面器にお湯をはり、尻をつけさせて女を洗った時、さすがに嫌がった。

 

頭を床につけて、お尻を突きださせてきれいになったか検査して、また温まらせた。

もうMの、ただのかわいいマゾの女になっていたから、責めを待ちわびていたから、体を拭いて、首輪をかけて四つん這いで私に引かれて部屋に戻った。

 

石鹸の匂いのする温かい理子をハグすると、最初のころはじゃれついてきたのに、意味ありげな瞳をした。

SMは、真剣に向き合うとき、きれいな思いでとすてきな経験になる。

お互いが理解し合うためには主従関係は深いから、二人のこころの純粋さが必要だと思う。

 

大人の女へ

 

縄を持つと正座して、両手を背中で組んだ。

うつむいたうなじを見て涙がでそうになったのを覚えている。

この子のさみしさとか頑張って生きてきたのがまた少し深く理解できた。

やさしく縛る。

厳しくされた時間の後は、あまい時間がいい。

それをもう知っているから、縛ると、おでこを私の胸に預けてすねたようにした。

 

ひとりで頑張ってきた。

ひとりで眠れない夜が積み重なって、世間の冷たさを感じたり、生きる意味を考えたりしながら若いこの子は大人の女になっていく。

かわいさがきれいさに少しずつなって、人の痛みのわかるこころの広い女性にいつかなるだろう。

私から離れて、SMを卒業して、自分の巣を見つけて、作ることがいつかできる。

マゾとしてだけじゃなく、人として女として素敵でいてほしいから、そう躾けてきたし、この子はちゃんとそういうのわかっている。

人としてちゃんとまずしている。

 

かわいいったらない。

それはそうだ。

あどけない少女が、大人の女になって、その時間に立ち会えた。

 

あまく責めた。

辛い焦らしではなく、そっと、やさしく焦らし、程よく解放して、また少しずつ高めて、大きく解放させた。

理子は躾けたとおりに、足を開いて顔を晒していったあとの自分を飼い主に見せた。

従順な奴隷の覚悟のある瞳が私を見て、私は立ちすくんで、それでもタオルで女をきれいにした。

 

わかんない人にはわかんなくていいし、わかってほしいとも思わない。

だけどSMに対して見方が変わったり、パートナーとの付き合い方を見直すことができたと、私のつたない文章で見直すことができたり、あるいはこころない相手との関係を終わりにできたというメッセージをいただくし、読んでそれぞれで判断したらいい。

 

だけど主従の関係は究極の恋愛で、だからあまいSM、せつないSMだ。。。

 

縄をほどいて理子の二の腕の縄の後をずっとさすっていた。

-M女理子

Copyright© あまいSM せつないSM  , 2018 All Rights Reserved.