縛られたい 奴隷になりたい 首輪をされたい 調教されたい M女のためのサイト

あまいSM せつないSM 

Rちゃん

檻の中でご主人様を待つ奴隷の被虐の悦び

投稿日:

 

Rちゃんの部屋には、二人で話して冗談で買った大型犬の檻があった。

これから行く、だから檻に入って南京錠をかけて待ちなさいとメールをした。

鍵は私が持っていた。

だから、私が行くまで檻にRちゃんは閉じ込められたままだということになる。

 

檻の中で待っていた奴隷

 

半分冗談のような感じだった。

私は仕事のくだらない付き合いで飲んでいた。

私はひとりで生きていく覚悟もある。

離婚して、若い一時奴隷にした女の子ははっきり書くと数人いる。

全部真剣で一対一だ。

 

メールをしても返事がない。

気にしながら、大工の親方の無理に気張った笑顔を見ていた。

この人も無理をして頑張っているのだ。

きっと母ちゃんやガキのことに気持ちがいっぱいなのだ。

だけど、仕方なく笑う笑顔だ。

その顔が、大人の男のかっこよさでもあった。

若いとき、誰でもまっすぐすぎて人を許せなくなる時期がある。

私もそうだったし、みんないろいろ経験しながら年を食っていくのだろう。

そう思うと、右隣のデブも左のはげも、許せる気持ちになった。

 

私はおばあちゃんの仕事が多い。

その方たちの思いやりを学び、やっと人並みに商売で生きていくことができるようになった。

離婚して辛いときも仕事が、おばあちゃんの笑顔が救ってくれた。

そして、その時おつき合いしたM女が、私を癒してくれた。

みんないろいろあり、奥歯で噛みしめて生きているのだろうと思うと真っ赤になったハゲも気にならなくなった。

宇宙は進化に向かっている。

 

私はRちゃんが気になっていた。

適当に切り上げて、Rちゃんのマンションに行った。

 

檻の中で待つ奴隷

暗い。

真っ暗だった。

灯りをつける勇気がなくて、そのまま入る。

やっぱりそうだ。。。

トイレに行って、小便をしながら涙を拭いて戻る。

勇気をだして灯りをつける。

 

Rちゃんは檻の中で寝ていた。

上の足を曲げて、尻と背中が白かった。

その時期、私の奴隷として、自分から服を脱ぎ私しか持っていない鍵をかけて檻の中でじっと待っていた。

被虐に酔っていただけではなかった。

私の孤独に向き合おうとしてくれていた。

Mとしてその時、向き合い、それを乗り越えようとしてもいた。

 

背中がまぶしくて、肩が哀しくて、買ってきたワインとつまみをテーブルにおいて拳を握る。

ちゃんとしなければ嘘だと思った。

この子の将来は輝いていなければだめだ。

かわいいお母さんになって、日常のささいなことに心が揺れる、当たり前のしあわせを一生懸命追いかける女性になるためだ。

私なんかと付き合っているのは、経験のためだ。

ステップだ。

超えていけ。。。

そう思った。

 

鍵を外す。

やはり涙の後があって、それでも首輪をつけると四つん這いになって出てきた。

マゾとしての被虐と、ひとりの女性としての矜持とプライドと人として逡巡していただろうことがわかる。

 

M女性の胸の奥

ご主人様と奴隷は真剣勝負だ。

被虐のせつなさのあとの優しさが、その人のこころを潤す。

それを繰り返すと、人の善を信じれるようになる。

純粋な恋だ。

 

待っていたのか

はい

さみしかったね

さみしくなかった 安心感があった

こっちが辛くなってきた

まだだめ 私をもう少し守っていてほしい

 

ハグしながらそんな話をした。

 

縄が欲しいと言ったので厳しく縛る。

少しいじめて解放させて、ほどこうとすると「このままでいたい」

 

SMをただのセックスの延長や性欲だけだと思う人は、かわいそうだと思う。

ほんとの深さを知らない。

 

柄にもなく、人生を語る

 

口移しでワインを飲ませる。

Rちゃんは縛られたまま、毅然としていて、逆に私が抱いている腕が震える。

肩を掴んだ手が震えた。

チンしてふにゃふにゃになったエビチリを、それでもおいしいと言って何度も食べさせた。

被虐のあとはあまさを与えたいのがSで、享受するのがM女だ。

鞭の後の飴はとてもあまい。

 

肩の骨が華奢で、はかない。

Rちゃんは私が得意の宇宙の話をせがんだ。

私はRちゃんを縛ったまま膝にのせて、おでこを合わせたり頬を摺り寄せたりして話した。

 

宇宙はたぶん、波動でできている。

世界は揺れ動いていて、進化に多分向かっている。

辛いのは経験のためだと思う。

お天道さんは、乗り越えられない試練は与えない気がする。

お互いさまで成り立っているのがこの世界じゃないのか。

 

エラそうなことを言いながら、Rちゃんの女を刺激しながら、体の柔らかさを堪能しながら語っただけだ。

Rちゃんが悦ぶから話したのであって、私は宇宙よりRちゃんの気持ちと体が欲しかっただけだ。

 

生まれて、生きて死んでいく。

単純に言えば人生なんてそれだけだ。

それでも、ウエルカムと言われて祝福されて生まれてきた。

動物と違って、何年間もお乳やご飯を食べさせてもらえないと生きていけない。

人生は自分だけのものじゃなく、宇宙や他者に貢献する何らかの使命を持って人は生まれてくる。

インドでは、星の運行でその人の生きる意味や役割を割り出す。

目に見えない大きな力が、生まれて生きて死んでいくのを祝福しているのだから、一時的な辛いとかそんなのちっぽけなことでしかない。

社会的な常識などほとんど関係ない。

上っ面の人間関係など、できる限りほかしていい。

 

私は熱くなって、ガンジーやマザーテレサの話をした。

インドの空港で手のない子、足のない子の話をした。

 

Rちゃんは一生懸命聞いていた。

 

人間であり 女であり Mであること

 

きれいな涙と、体の温もりは同時進行できる。

人間だからだし、女だからだ。

 

いろんなメールがくるけれど、人は理屈じゃないし、足し算で割り切れるもんじゃない。

Mであるという悩みとともに、今が辛いというメールもくる。

辛いと思う感性の鋭さを自分で褒めてあげたらいいと思う。

私の奴隷にはちゃんと話せるけれど、ただメールでは簡単なことしか言えない。

 

セックス依存 食事依存 酒 に行くのは、辛い部分に蓋をしようとするここころの防衛本能だと思う。

セックスはステキなものだろうし、飯はうまいうまいって味わえばいい。

SMも同じだ。

最初はストレスのはけ口でいい。

人生の荷や苦のはけ口でいい。

それは最初で、実はとても深いし、あまく せつなく 温かいものだ。

それをわからないなら、さみしいつながりだろう。

 

逃げずに向き合う努力は報われるんじゃないかと思う。

今の自分を、どんな自分でも認めて向き合うと、自分に優しくなれる。

 

Rちゃんは、ああんといっておでこを胸にあずけてきた。

きれいごとはもういらなかった。

人生は哲学や宗教で割り切れるもんじゃない。

道の脇にそっと咲く花のように、寄り道にこそ、すてきなものもある。

力んで人生を語るのには、まだ早かった。

洒脱でいいし、いろいろある。。。

 

ちゃんとわかっているこの子に、私は飼い主として毅然と向き合う。

道具箱をRちゃんのお腹にひっくり返す。

ローターやバイブや鞭、筆、糸が散乱して、人生の理屈を乗り越えようとする男と女だけがいた。

ご主人様に委ねる奴隷と、そのことで奴隷にすがろうとする飼い主のふたりだけだった。

いじめてくださいと言いながらRちゃんは少しだけ泣いた。

 

-Rちゃん

Copyright© あまいSM せつないSM  , 2018 All Rights Reserved.