縛られたい 奴隷になりたい 首輪をされたい 調教されたい M女のためのサイト

あまいSM せつないSM 

OL yuki

主従関係恋愛 OL yuki まとめ

投稿日:

 

人前ではじめて見られながら服を脱ぐ。

はじめて縄で縛られる。

肌に食い込む縄の感触に、心はどう反応するか。

 

 

裸で犬のように首輪で繋がれて歩かされる。

お座りと命令されて、従うときのうっとりした表情。

バイブで女を責められて「頭が白くなるほど興奮した」

 

 

居酒屋でローターを廻される。

街を歩きながらローターは動いたり止まったりして体を責める。

SMの関係性は、あまく深い。

主従関係恋愛だった。

 

 

ご主人様に見られながら風呂で体を洗う。

ご主人様の前に奴隷のポーズで体を調べられる。

縛られながら、奴隷として歩きだす決断をした。

 

 

子供が叱られるような姿勢で尻を叩かれる。

yukiの中で何かがはじけたのがわかった。

Mとして自分を解放する瞬間だった。

 

 

少しずつ、本格的に責められて快感と焦らしと羞恥と仕置きに体と心が制御できなくなって、自分をすべてさらした。

ご主人様に飼われるということは、愛されることだとyukiは理解した。

 

 

奴隷として、女の解放の時の作法、いったあと体をみせて調べてもらうことを躾けられる。

しつけられていく自分に、Mとして酔い始めていたこのころ。

 

 

ふだん頑張って生きている。

さみしさに揺れながら、一生懸命真面目に生きている女の子は、僕の前では奴隷としてすべてを晒し解放する。

 

 

一度解放した体に、弱い電マの刺激と筆の調教。

体を弄ばれる。

その体は拘束されている。

心だけが自由で、自分の殻を破ろうともがく。

 

 

プレイだけの関係から、ご主人様と奴隷の主従の関係を求められて、逡巡している体を責められる。

片足吊りの開いた女を筆で何度もなぞられる。

うつむいて、ただ喘ぎ、奴隷の決断をした。

 

 

非日常の奴隷の時間は、日常を輝かせる。

縛られて調教。

」足をM字に開きなさいという命令にこの子は弱かった。

 

 

四つん這いで鞭、その敏感になった体を筆が這い回る。

執拗に女を筆で責められて、その後ただ放置。

女の香りが部屋を満たす。

 

 

この子に足りないものがわからなかった。

それはマゾとしての被虐だ。

かわいいMの女の子は、やがて大人の性奴隷になる。

 

 

豆を転がすとかわいく哭く。

主従関係恋愛はいつまでもは続かなかった。

四つん這いの内腿にしずくがつたって流れた。

 あまいSM せつないSM 
愛のあるSM  OL yuki
http://slifejapan.com/diary/aoitori/
あのとき。梅がいちばんきれいな季節だった。久しぶりにyukiと会った。いろんなことがお互いあって、久しぶりだ。 僕たちの関係は、微妙で不思議な関係だ。はっきりしているのは主従の関係だということだけだった。干渉しないときは、何もしない。yuki...

 

 

玄関で、裸で正座で首輪をつけて飼い主の帰りを待つ。

四つん這いで、犬のようにひかれて部屋へ向かう。

ボールを投げると、犬のようにとりに行かなければならなかった。

 

 

犬のように、お座りや伏せ、ちんちんさせられて濡らしていた。

飼い主のために体をさしだし、使われる。

飼い主のために、見られながら化粧をした。

 

 

縄の感触にyukiは抱きしめられる。

めっきり女らしく、奴隷らしくなったあの時が懐かしい。

さみしがりであまえんぼうで、優しい女の子だった。

 あまいSM せつないSM 
縛られて縄に抱きしめれらる奴隷 OL yuki
http://slifejapan.com/diary/dakisime/
 yukiといた頃、いろんなことを思わされた。 自分を責めていて、こんな自分なんてと感じていた。最初はそういうことを埋めるためにSMをしたと思う。奴隷になって、僕は僕の奴隷はステキでいてほしいから調教とともにいろんなところに行っていろんな経験を...

 

 

結婚してどこかにいるかつての奴隷は、その思いでとともに胸の奥にしまってある。

嫌なことがあると、引っぱりだしてくる。

 

 

主従の関係が深くなっていった。

縛られ、体をさしだし、管理される奴隷の悦びの次に与えたかったのは被虐のあまさと、そのあとのハグだった。

 

-OL yuki

Copyright© あまいSM せつないSM  , 2018 All Rights Reserved.