縛られたい 奴隷になりたい 首輪をされたい 調教されたい M女のためのサイト

あまいSM せつないSM 

性奴隷 晶子(仮)

性奴隷の誓い 晶子(仮)

投稿日:

ダウンロード (5)

 

片足吊りにすると、いやあと哭いた。

足の間に胡坐で座る。

「恥ずかしい」

目の前に股縄がきっちりくい込んでいるのが見える。

後ろ手、胸縄、股縄で片足をつられた晶子を見上げる。

横を向いている。

ふっと息をかけると柔らかい毛が揺れる。

「いや」

内腿の柔らかさを確かめるように手の平でさする。

股縄が濡れていて、それを親指で指圧みたいに押す。

「ああ、恥ずかしい」

 

晶子は責められ上手だ。

恥ずかしがり方、反応、許してと哀願しながらも従う様子。

時折、ああご主人様と喘ぐ。

 

性奴隷

 

股縄を外す。

濡れているのを見せる。

花びらをめくって中を調べる。

奥が妖しく蠢いている。

「ああ、ご主人様」

吊られた体が震える。

 

「晶子は私の何?」

晶子は言葉を言わせることに、とても反応する。

「いや」

言いなさい、と豆をはじく。

ひいっと反応する。

「せ、性奴隷です。ああ」

復唱させる。

「晶子はご主人様の性奴隷です。ああ」

 

私のものだ。

私が所有し、飼っている。

 

麻縄で厳しく縛めると、いつも縄酔いした。

 

お仕置き

 

筆を用意したのを見て、いやあと哭く。

晶子のバッグから化粧用の刷毛をだすのを見て、許してください、と私を見る。

その目が妖しくて、どきりとする。

いじめたくなる。

今は私のものだ。

焦らし責めではなく、もっといじめたい。

もっと愛したい。

 

ゴムバンドを見せる。

ああ。。

「この前のお仕置きしなくちゃね」

仕置きの理由などない。

晶子は素直な愛奴だ。

 

ピンクのゴムバンドを体に巻きつける。

晶子はお仕置きの理由を聞かない。

ただ巻きつけられながら、いやあ、とか、ごめんなさいとか哀願するだけだ。

生まれ持ったマゾの資質だ。

晶子は真正のMだった。

そして、心がきれいだ。

そこが大好きだった。

 

胸にもきつめに巻く。

「ああ、許してください」

本当に責められ上手だ。

嫌がりながら昂ぶっていく。

許しを請いながら、結局なすがままにされていく姿が、はかない。

だからいじめたくなる。

尻、腿も巻く。

白い体にピンクの蛇が巻きついているようだ。

「マゾらしく、唇を半開きにしなさい」

髪をかき上げる。

「ごしゅじんさま」

辛そうに僕を見る表情にぞくりとする。

「こわい」

へそのゴムを引っぱってはじかせる。

 

ぱちんと乾いた音がしてああと顎をあげる。

肩をはじかせる。

胸の下をはじく。

胸のゴムを大きく引っぱって、そのままにする。

このゴムバンド、結構痛い。

あああ、許して、と哀願する。

 

下を向きながらも諦めたように、体にはじかれるのを待つ。

「鞭のほうがいい?」

「鞭はいやあ」

少し緩めて、弱くはじかせると、必要以上に反応して、ああ、と泣く。

そしてそんなに強くなかったのを感じて、ごめんなさい、と言った。

 

弱くパチンパチンと続けてはじかせる。

「あ、あ」

大きく引っぱる。

許してと横を向く。

マゾらしく口を開けて小さく喘いでいる表情をじっと見つめながら、はじかせる。

「ああ、いたい」

 

乳首にクリップをつける。

性の奴隷らしくなる。

晶子は責められるたびにきれいになっていく。

 

片足吊りの足の間に胡坐で座る。

筆で縦の割れ目をなぞりながら、表情を見上げる。

ごしゅじんさま…と、小さく呟く。

内腿のゴムをはじかせながら、刷毛でなぞる。

ゴムの鋭い刺激と、柔らかい刷毛の感触に、ひいと体を震わせる。

「もう、ゆるしてください」

「どころで、なんで康子はこうされているの?」

ゴムと筆をいじりながら顔を見上げる。

ああ、お仕置きだからです、ひい。

「どうしてお仕置きされるの」

パチンパチンとやりながら、筆も休めない。

「いけないこだからです。ああ、いたい」

「いうこと聞かないと、どうしてお仕置きされなくちゃいけないんだっけ?」

「ああ、いわせないで」

「答えなさい」

「ごしゅじんさまのせいどれいだからです。あああ」

 

性奴隷という言葉に自分で感じている。

喘ぎがあまくなってくる。

そこを責めている筆が濡れて湿ってくる。

 

もうだめ、ごめんなさい、ごしゅじんさま、ゆるして、と哀願しながら責めを受けている晶子。

非日常の時間を私と共有することに、悩むときもあるのだろう。

それでもマゾの部分を抑えられずにバランスをとっているのだろう。

 

私には自信があった。

晶子は私と主従の関係でいることで、普段の生活も落ち着いてできている。

そのまえまでは、もやもやとしたものを抱えていた。

勇気を持って、扉を開いた。

マゾの部分が安定して、もやもやや妄想はしなくなった。

生活以外の女の部分は誰だってある。。。女なのだから。

そこを私にゆだねている。

 

「鞭はいやあ」

 

私の前では性奴隷という女になる。

そこにけじめがついて、納得したから、生活にメリハリが生まれている。

晶子は、こっちがもっと責めていじめたくなる反応をする。

だからM女として深い歓びを感じるようになっている。

 

もう、もう、いかせて、と涙目で訴える晶子を、敬虔な気持ちで見つめながら責めを続ける。

「奴隷の口上いってごらん」

「いやあ」

「いいこだから、いえるね」

ああ。

ゴムと筆と刷毛で追い込まれている。

続ける。

聞きたい。

何度でも聞きたい。

一度手を止める。

刺激の欲しさに、ああと絶望したような声をだす。

名前を呼ぶ。

はいと涙目で返事をする。

「言わないと、鞭使うよ」

「鞭はいやあ」

鞭はいや、という晶子の言葉に私はほとんど、爆発しそうになるほど昂ぶる。

わざと立ち上がる。

鞭をとりに行くと思った晶子がまた、

「鞭はいやあ。許して」

たまらなくなって、昂ぶらせておあずけされた体を抱きしめる。

女を責めながら、寸前で止めてまた責める。

いっちゃう、とか、だめとか私に抱きしめられながら体を揺らす。

耳元で「行ったら鞭だからね」

聞きたい。

「鞭はいやいや」

何度も言わせてから、ください、いきます、いくといって、のぼりつめた。

 

痙攣して、弛緩して、ご主人様の性奴隷ですと小さな声で言ったから、思いきり抱きしめる。

性の部分、女の部分を私にゆだねている。

私は求めるものを与えている自負はある。

だけど、それだけだろうか。

 

片足吊りの晶子を強くハグする。

いたいとかわいく呟く。

まだ帰さない。

晶子の性奴隷のあまい時間は、これからだ。

 

-性奴隷 晶子(仮)

Copyright© あまいSM せつないSM  , 2018 All Rights Reserved.