縛られたい 奴隷になりたい 首輪をされたい 調教されたい M女のためのサイト

あまいSM せつないSM 

調教セッション

マゾの哀愁とむじゃきさが同居しているM奴隷

投稿日:

 

 

お好み焼きを食べた。

海鮮ミックス。

それからミックスもんじゃ。

この子が作ってくれた。

飲みながら、ほっこりした。

 

雪の結晶

 

外にでると雪が降っていた。

ほてった頬に雪があたり、溶けていく。

 

街灯が、降る雪を照らして幻想的だ。

しんしんと音がする。

寒くて風は冷たかったけど、なぜこんなに温かいのだろう。

なぜこんなにきれいな気持ちになれるのだろう。

 

ざく ざくと 歩きながら教えてくれた。

東北は、雪が結晶のまま落ちてくる。

 

手の平に雪を受け止めて、じっと見ると。。。

小さな小さな雪の結晶だ。

そしてそれはすぐに溶けちゃうんだけど、また手の平にのる。

宇宙のどこから落ちてきたんだろう。

もしかして、地球以外に生物がいたら、雪の結晶をこんな風に見ているのだろうか。

そのことに感動しているのだろうか、などと想像する。

 

この子の頬が淡くほてっていた。

かわいくて、かわいがりたくなる。

その前に、少しだけいじめたくなった。

 

カラオケに行った。

 

部屋について、私はいきなり 「お尻をだしなさい」と命令した。

あ、あ、とさやかは声をだした。

すぐに、はい、ご主人様と答えて、気をつけをしてから、スカートに手を入れて、私に見えるように下着をおろした。

それから後ろをむいて膝をついた。

わずかな間、なにかを吹っ切るようにそのままでいた。

 

そして、ゆっくり四つん這いになって、スカートをまくり、頭を床につけて、両手を背中で組んだ。

その仕草がマゾらしくなってきたことに、私はSとしてぞくりとした。

 

「そのままの姿勢でいなさい」

 

その健気さがかわいい。

 

むじゃきなむじゃきな女の子

 

尻の前にどかりと胡坐で座る。

手の平で、ゆっくり丸い尻をなぞる。

これから何をされるかもうわかっているから、女が濡れてくる。

 

無邪気なままで、大人になってほしい。

夢を大人になっても追っかけてほしい。

生きる意味を、忙しさのために忘れないでほしい。

ゆっくり、すてきな大人の女になってほしい。

 

縦の筋をなぞる。

刺激に背中が丸くなるから、平手で叩くと、はいといってまた尻をつきだす。

 

アリの戸渡を指でなぞりながら、アナルをちょんと突く。

 

「ああ、ごしゅじんさま…」

支配され、体を弄ばれるマゾの哀愁がある、かすれた声。

 

「開きなさい!」

「はい、ごしゅじんさま」

背中に組んでいた両手を尻にあてて、それからゆっくり開いてアナルを差しだした。

 

女で濡れた指で、アナルを刺激する。

 

 

下半身だけ裸にして、後ろ手に縛って正座をさせる。

時計を見ながら、さやかをじっと見る。

下を向いていた。

それから、体が震えだして、ああと首を振る。

 

奴隷のこの子は、飼い主の私に苦悶する姿まで、見られなければならない。

 

「目をみなさい!」

丸い目が私を見て、でもすぐ下を向く。

なんどか繰り返してから、さやかをひょいと抱えてトイレに座らせて、水を流す。

許されたさやかが、涙をためながら、恥ずかしさに耐えながら、飼い主の私に見られながら解放する。

いい子だ、いい子だと、部屋に戻ってハグすると、くすん、くすんと鼻をすすりだす。

 

指であごを上向かせる。

キスをしなさいという合図だ。

この子は、躾けたとおりにした。

 

そっと唇を合わせ、舌を伸ばして唇をなぞる。

ちゅっとして、唇を甘噛みする。

それから舌をさしいれて、私の舌をさぐり、絡める。

 

柔らかい。

あまい香りがする。

 

あまい涙

 

縛られた体で、私のあごにキスをして、頬をすり合わせて、またキスに戻る。

 

それから離れて、次の命令を待つ。

つうっと、頬に涙が流れる。

 

涙を舐めとると、ぶるっと小さく痙攣した。

 

がんばるんだぞ。。。

ひとりになっても元気でいるんだぞ。。。

お前はまだ若い、すてきな出会いがこれからたくさんある。。。

大丈夫だ。。。

 

帰るとき、口数が少なくなって、二人きりになると抱きついて泣きだしたのを今でも覚えている。

この子はまだ若い。

穢してはいけないと思った。

プラスにならなければ、離れていこうと飛行機の中で考えた。

大人になって、いろんな経験をして、たまに思いだしてくれたらそれでいい。

 

テレビで雪のニュースを見ると、どうしているかと今でも思う。

 

-調教セッション

Copyright© あまいSM せつないSM  , 2018 All Rights Reserved.