縛られたい 奴隷になりたい 首輪をされたい 調教されたい M女のためのサイト

あまいSM せつないSM 

M女理子

SMの放置プレイ 仕置きとご褒美

投稿日:

 

帰ってくると、女のあまい香りがした。

部屋に入る。

吊られた理子はもぞもぞ動いていた。

 

吊りで股縄で放置

 

ハグすると、ごめんなさいといった。

いかずに我慢しなさいという命令に体がいうことを聞かなかった。

股縄は湿っていた。

股縄ではなく、自分の状況にマゾとして耐えられなくなった。。。

少し大人びた理子は、俯いていた。

体は汗で光っていた。

きれいで、健気で、無邪気な女の子から大人になるかわいさがあった。

 

私がこの体を所有している。

そのことにこころが昂ぶる。

こころは自由だ。

だけど、奴隷だからこころも従属するようになる。

吊られたままで放置されて、かってにいったことを恥ずかしがる仕草がいい。

仕置きを覚悟するようなうつむいた表情は、M女が最もきれいな瞬間だった。

 

股縄をゆっくり外す。

こぶは女とアナルにあててある。

しゃがんで、女を開いて検査する。

ああと喘いだだけで、私が女に手を触れると調教された奴隷として足を開いた。

以前なら、いやあと足を閉じていた。

 

豆にキスする。

舌で転がして吸う。

右手でGスポットをさすりながら、左手でアリの戸渡をなぞる。

 

縄の刺激に耐えてきた女は敏感になっているから、舌と指の柔らかい責めにすぐ追い込まれる。

たまらなくなって腰を引くから、尻を叩くと、はい、と返事して突きだす。

 

そしてなにもしない。

 

いろんなSMがある。

ただ鞭を使って痛めつけたり、ひたすらバイブでいじめるだけとか、若いSは自分の欲望をただ満たそうとするかもしれない。

私は飴と鞭を交互に与える。

徹底的に焦らし、せつなさとあまさを与え、奴隷の誓いを言わせて、恥ずかしがらせて、ハグしてご褒美と仕置きで躾ける。

奴隷は恋人でありペットだ。

私は所有者で飼い主で管理者だ。

 

委ねることと依存

 

だけど、奴隷は奴隷として飼われているいて、飼い主に委ねるのはいいが行き過ぎると依存になる。

これはとてもとても大切なことだと思う。

 

たまに、M女が相談のメールをくれる。

それを読んでいつも思うのは、飼い主に依存しすぎている。

このサイトは多くのMの女性が見ているらしくて、こんなのなんどもやめようとしたけど、真剣な悩みのメールがきたりして続けた。

そして数人とこのサイトを通じて知り合うことができて、奴隷として向き合う素晴らしい出会いがあった。

 

SMばかりしているわけがない。

仕事をして、やりたいことがあり、本を読んだりひとりで自分と向き合ったりして生きている。

逆にSMのことばかり考えている飼い主なら、奴隷はどう思うだろう。

 

M女も同じだ。

パートナーを大切に思うのはいい。

奴隷契約して、委ねる自分でいい。

自分は飼い主のもので、体と心は支配されている。

つまり、飼われている。

それでいいんだけど、自分の人生を一生懸命頑張るべきで、そういうM女が素敵なんだということを理解してほしい。

飼われていても、飼い主のための自分であっても、人生は自分のもので、すてきに作っていってほしい。

そして将来と自分の幸せをちゃんと考えないとだめだ。

奴隷はすてきでいてほしいから、いろんな話するし、がんばること、ちゃんと生きることを誓わせる。

 

委ねることと依存は違う。

 

悩みながら、それでも自分の人生を頑張っている感じこそすてきだと相手は思うのだと思う。

奴隷だから、あまえて委ねるのはいい。

飼われている自分でいい。

飼われることと依存は違う。

飼われているという意識はかわいい。

依存は、相手にもっともっとと多くを望んでいることになる。

もっと自分を見てほしい、認めてほしい。。。

 

難しいかな。

わかんない人は飛ばしてください。

 

奴隷として飼われるということは、自分の人生をちゃんと持ったうえで飼われないと成り立たない。

それが成り立つのはSM小説のように監禁される生活で、現実はほぼそうではない。

 

パートナーへのいたわり

 

そしてもうひとつ大切なことは、相手への思いやりだ。

人生、将来を応援しないなら、主従の関係なんかしない方がいい。

ふつうの恋愛より、とても深くなるし、奴隷は飼い主にすべてをさしだす。

その相手に対して愛情と思いやりは当たり前で、M女も飼い主の立場やさみしさやいろんなこと、相手の立場をおもんばかる人こそ、すてきなM女だと思う。

 

理子の内腿に愛液が垂れた。

やあと髪を振る。

ひとりで、つられて股縄に耐えながらいった理子を想像して愛しくなった。

これから何をされるか言ってごらん とやさしくいうと、お仕置きと小さい声で答えた。

そのトーンにあまえたような、すねたような響きがあってかわいかった。

 

「おねだりしなさい」と毅然という。

あまさと厳しさ、かわいがり苛める。

お仕置きしてくださいと言わせて、ごめんなさいと何度も言わせて手の縄をほどくと体をあずけてきた。

ああんと抱きついて、ごしゅじんさまと頬をこすりつけてきて、そのまま普通の恋人のように向き合いたくなる。

 

それでも私は飼い主で理子は奴隷だ。

立って縄を手にして、理子を見る。

しばらく見つめ合って、理子は正座して後ろを向いて両手を背中に廻して受縄の姿勢をした。

 

そうしてくすんくすんと泣いた。

私も泣きたくなり、それを我慢して厳しく高手小手に縛る。

 

お仕置きというご褒美

 

「お仕置きのポーズをとりなさい!」

理子はソファまで膝でにじり寄り、上体をソファに預けて尻を突きだし、足を開いた。

 

女は光っていた。

腰のくびれが女らしくなっていて、仕置きを待つその姿に、「いい女になったなあ」と思った。

この子もいつか離れていくのだろう。

しあわせのありかを、いつか自分で見つけるだろう。

 

「鞭のおねだり、は?」

打ってくださいと催促するように尻を左右に振る。

乗馬鞭で赤くしてから、バラ鞭を使った。

途中で女を虐めて寸止めした。

 

ごめんなさいと繰り返させた。

この子のごめんなさいという言い方が、Mっぽくて好きだった。

自分の惨めな状況に酔っている感じと、あまえている感じがあった。

 

Mの時間はこの子にとって、ふだん頑張っているご褒美なのだろう。

私に仕えているのは、自分のためだろう。

それでいいし、そうじゃなくちゃいけない。

 

鞭はだんだん子宮が痺れてくる。

経験ない人はいたいだけだと思うだろうけど、鞭はあまい責めだ。

理子は昂ぶり、喘ぎが切迫してきた。

 

服従のポーズ

 

縄をほどいて首輪をかけてリードで繋いだ。

「服従のポーズ」というと、仰向けのちんちんの姿勢をした。

それでバイブでいかせた。

ご褒美だ。

鞭でいかせるより、そうしてあげたかった。

理子は喘ぎ、私に見られながら登りつめた。

 

みせなさいというと、いつものように女を開いて私に晒した。

そのままにさせて、台所でタオルをお湯で温かくする間、気づかれないように泣いた。

わからないけど哀しかった。

 

タオルを女にあてると、うっとりした表情をした。

それからきれいにした。

神々しい理子は、そのとき私のものだった。

 

もうすぐまた夏がくる。

 

姿勢を崩さないまま、すねるように私を見たから、よし、というと抱きついてきた。

買ってきたケーキを見せるとわあいとはしゃいで泣きそうにした。

駅前の、この子がいちばん好きなケーキを、むじゃきに食べるのを私はただ見ていた。

 

-M女理子

Copyright© あまいSM せつないSM  , 2018 All Rights Reserved.