縛られたい 奴隷になりたい 首輪をされたい 調教されたい M女のためのサイト

あまいSM せつないSM 

Rちゃん

アナル調教 性奴隷として征服されるせつなさと被虐 SMの深さ

投稿日:

 

 

 

Rちゃんはアナル調教が苦手だった。

「むずむずする」ということだった。

でも、とためらってから、「支配されている気持になる」らしい。

 

それでもそろそろ次の段階に進めたい。。。

いきなりそんなことしない。

ずっとそばにいてくれて、たくさん愛して、Mとして女として進化してステキになって、それからだ。

そういう準備をRちゃんの体とこころが整ったタイミングになったということだった。

 

あまさや切なさの次は、より深い凌辱的な被虐と、そのあまずっぱさだ。

 

SMの深さ 被虐

 

「お尻を訓練しようね」

その言葉に、Rちゃんはぶるんと震えた。

ほら、と首輪のリードを引く。

飼いならされた雌犬のように、あきらめたようにゆっくり四つん這いで後ろを向いた。

 

菊の花が咲いていた。

クリームを指に掬い、表面を湿らせた。

静かに周囲を親指で押す。

まず、ほぐす。

まだ慣れていない刺激にこころは震えるけれど、体はついていけないから背中が丸くなる。

平手で叩くと、あんと哭いて尻を捧げる。

 

クリームをたっぷり掬い、人差し指で第2関節くらいまで入れて、中に塗りこめた。

女性器にするようにした。

ゆっくり抽送する。

指を回転させる。

関節を曲げて中でそっと動かす。

すべて慎重に、静かに、慈しむように。

Rちゃんの吐息が聞こえた。

 

アナルは開発しないと気持ちよくない

 

アナルも性感帯だ。

だけど、開発しないと感じない。

ごくまれにいきなり感じる女性もいるらしいけれど。

女性器だって、だれでも最初は痛いだけだったはずだ。

セックスでほんとは感じないという女性は結構いる。

そういう相談が、昔はよくあった。

今はあまり相談も志願もこないけど。

アナルコイタスといって、女性器でいくのとは違う快感がある。

少し痛いけど、気持ちいい。

いきっぱなしのような快感が、ムズカユサとともに続く。

それには少しずつ、その良さを教える必要がある。

 

そして、M女はこころのほうがまいってしまう。

征服されたと強く感じる。

奴隷として体をさしだしているけれど、もうひとつ上の、強くて複雑な感情がある。

退行というより、生まれ変わったような感覚に近いのかもしれない。。。

 

人差し指が温かい。

ひだひだがうごめき、Mとしての感情の高ぶりを表すように、Rちゃんの尻が小刻みに震える。

ご主人様としての私にすべてを支配されようとしていること、それを受け入れること、みじめな自分を思い妖しくときめいているのが、Rちゃんは私の奴隷だったから、はっきりと伝わった。

 

快感と同時進行のアナル開発

 

調教は、少しずつ、一歩ずつ。。。

指の動きを少し早めて、なだめるように、よしよしと左手で尻をさする。

くぅと、吐く息が鼻にかかってきたのがかわいい。

 

それで、Rちゃんをベッドに導いた。

仰向けでばんざいの形に手を縛った。

飼い主の私に委ねきった表情を眺めながら、ぞくりとした。

「足をM字にひらいてごらん」

膝の下で脛と大腿を括り、外側に引っ張り開いたままで固定した。

座布団を尻の下に敷いた。

 

親指くらいのアナルバイブにクリームを塗った。

こういうの。。。

 

あなるすごぶる
あなるすごぶる

 

上を向いたRちゃんのアナルにもクリームを塗る。

バイブをあてると、哀しそうな顔をした。

いれるのをためらった。

入り口で止めていた時、女がうごめいた。

哀しいのではないと知る。

被虐に酔い始めているMの表情だった。

 

SMの魅力 あまさの次の心の奥からの疼き

 

SMに対する思いが変わったというメールがくる。

とてもうれしい。

それでもあえていいたいのは、SMの魅力はあまさだけではない。

もうひとつの大きなもの。

せつなさと、被虐だ。

そのときの平安と安堵感だ。

 

ゆっくり入れて、弱くスイッチを入れた。

「あああああ……」

「これが入るようになったな。よしよし」

内腿を優しくなぞりながら、どんな感じ? と聞いた。

「うれしい……」

縦の筋が濡れていて、刺激を求めていた。

膨らみを指の腹でなぞった。

 

しばらくそうしながら新しい被虐に悶えるRちゃんを眺めていた。

 

飼い主として譲れない思い

 

女がとろとろしてきた。

眉を寄せて喘ぎがあまくなった。

バイブを止めた。

抜かないでそのままにした。

Rちゃんの横にはべった。

唇をついばむ。

求めて口をあずけようとするのを、距離を置き、またついばむ。

ああんとMらしく哭いた。

 

Rちゃんの開いた足の間に戻った。

女にローターを入れるとぬらりと呑み込んだ。

豆に電マをあてて、お仕置きに使うゴムのチューブで固定する。

上を向いている乳首にクリップをかませる。

筆でアリの戸渡をすっとなでると、ひいいと眉を寄せた。

徹底的な快感で追い上げられ、焦らされるのを知っているから、ああと嘆いた。

それでも私にすべてを委ねるように、されるままを享受していた。

 

少しずつ開発すると伝えてはいた。

それでもRちゃんの言葉で聞きたかった。

「お願いします、は?」

蚊の鳴くように復唱した。

努力しますと誓わせた。

 

アナルバイブのスイッチを入れる。

虫が飛ぶような振動音が聞こえる。

ローター、電マもスタートさせた。

ゆっくり昂ぶらせていった。

飼い主だから、そのころ、Rちゃんの体の隅々まで熟知していた。

筆で鼠径部をなぞり、乳首をクリップを弾く。

 

Rちゃんが追いあげられていく。。。

女へのローター、豆の電マ、鼠径部・アリの筆、乳首のクリップ、そしてアナル。

6か所を同時に、弱く、強くゆっくり責める。

アナルバイブを止めたり入れたりした。

これがアナル開発の最初だ。

快感とともに、少しずつ教えていく。

そうじゃなければ、もぞもぞするばかりだから。

小さいのでならしながら、快感とともに少しずつ。

そっと、優しく。。。

SMは被虐と優しさのハーモニーだ。

どちらが欠けても深くならない。

 

いきそうになるのがわかるから、すべての刺激を止め、アナルバイブだけにする。

汗できらきら光った体が悩ましくくねる。

そしてまたすべてのスイッチを入れた。

繰り返した。

 

奴属に酔う。

Mの性だ。

それは孤独を癒そうとする心理だ、たぶん。

そして、いつも踏ん張って生きている自分をみていてほしい。

だから、あまえてすべてを委ねたい。

 

Rちゃんの変化を感じていたのを覚えている。

今まで知らなかった、妖しい疼き。

征服されることで得る、これまでにない被虐の疼き。

 

いつもの喘ぎと違うニュアンスに、それを感じた。

 

 

「ああ。。。 もう もう……」

すべての刺激を止めておあずけした。

焦らして焦らしてから、アナルバイブだけ、少し強く入れた。

ひっひっと慣れない刺激に耐える様子にどきりとした。

 

そのままで、仰向けのRちゃんにかぶさり、ばんざいの二の腕をつかんで顔を見た。

髪をすいて、飼い主としてどうしても伝えたかったことを口にした。

ここは、ここだけはずっと俺のものだ。。。

俺から離れていっても、おばあさんになっても俺だけのものだ。

瞳に涙をためて、Rちゃんは喘ぎながら何度も何度もうなずいた。

 

SMは深い。

 

征服された女の、あまくすっぱい香りがした。

バイブの振動音がする。

それに混ざってRちゃんのこころの声がそのとき聞こえた。

 

バイブを外し、ゆっくり少しだけ指を入れた。

中の人差し指と外の親指ですぼまりの入り口をつまむように揉みしだいた。

その場所を所有者に提供する。

その場所をも支配される。

奴属の悦びとわずかに感じはじめたアナルの刺激に、うっとりとした表情の中の瞳はとろんとしていた。

 

主従の関係性は、体の疼き、こころのときめきは、少しずつ深くなる。

そのあと、いつもより強くハグした。

-Rちゃん

Copyright© あまいSM せつないSM  , 2018 All Rights Reserved.