縛られたい 奴隷になりたい 首輪をされたい 調教されたい M女のためのサイト

あまいSM せつないSM 

SMコラム

SMと依存 のめり込まないために

投稿日:2016年12月3日 更新日:

 

afbd5ee3

 

私ははSなので、当然Mの女性に魅力を感じる。

縛られたいとか首輪をされたい、管理されたい、支配されたい、委ねたいという気持ちがかわいい。

あまえたいからで、さみしいからで、自分に自信がないからで、誰かに認めてもらいたいからだから。

 

縛られた時、首輪をされた時、体をさしだす時の恥ずかしげなせつなげな表情がいい。

 

SMにのめり込んでしまうという不安

 

依存しちゃいそうで不安だという人が結構いる。

SMにのめり込んでしまうんじゃないか。

戻れなくなるんじゃないか。

日常がおかしくなっちゃうんじゃないか。

未経験なら、不安だし怖いのは当たり前で、逆にそういうことを考えるのは正常な感覚だ。

私の経験から言えることは、「それ、違う」。

のめり込むのは一時的で、やがて落ち着いてくる。

普段の自分と奴隷の自分の両方を、バランスがとれてくる。

Mなら、奴隷の時間もつことで、普段の自分もちゃんとしてくる。

もんもんとしているくらいなら、飛び込んだ方がいい。

依存も、やがてゆるやかに自分自身に戻るというか、以前よりもっと自分と向き合えるようになる。

 

SMは刺激があるし、あまいし、感じ方が今まで経験したことないほどのものだ。

でもそれは、だんだん落ち着いてくる。

 

依存してきて、あまえてきて、のめり込みそうになる子こそ、Mであり、かわいい。

寄り道って、あっていいし、路傍の花や風を感じる時間てあっていい。

生きるために必要なことだけしていると、さみしいし、さみしい人になっちゃう。

しなければならないことと、そうではないけどもっと大切なこともたくさんある。

 

無駄に見えることを無駄とざっくり切り捨てるのか、その中にささやかな豊かさを感じるのか。

 

Mであることに悩み、奴隷にあこがれ、それでも悩んだり考えたりしながら、ちょっとずつ大人の女として、奴隷としてきれいに素敵になっていくものじゃないのかな、と思う。

マゾの部分を責めて悩んで、解放してすてきになっていくのを見るのはすてきなことだ。

輝いてきて、きれいになってきて、私はこの子の飼い主だと誇らしく思う。

理想通りになかなかいかないのが人生だし、そのことに向き合う中で成長していくものだろう。

 

 

SMを人生のプラスに

 

どうせならSMすることで、自分の生にプラスになったほうがいい。

そして、人は性の問題を無視できない。

私たちはロボットじゃないし、机の上の教科書の勉強みたいに理屈だけで生きてない。

 

Mなら、いっときは夢中になるし依存的になる。

 

さみしくて、誰かにあまえたくて、でもそれができなくて、悩んで悩んで奴隷になる。

はじめて縛られると、気を失いそうなほど恥ずかしそうにする。

首輪をかけると、涙目で少しうっとりした表情をする。

解放すると、吹っ切れたように艶っぽくなる。
だから、かわいい。
だから、いじめて、そのあとかわいがる。

奴隷になるということは、落ちることじゃない。

自分でなくなることではない。

今の自分に奴隷の時間がプラスされるということだ。

乾いた心の花に水をあげるということだ。

 

なにかに逃げようとするこころ

 

辛いことをトラウマで抱えていたり、なにかがあると、こころがそれにふたをしようとする。

刺激の強いものを無意識に求めようとする。

それが、人によって、セックスだったりお酒だったり、食べ物だったり、買い物することだったりする。

 

それはこころが自分を守ろうとする防衛本能だ。

こころは平安や癒しを求めるからだ。

幸せになろうとする力が働くからだ。

だから防衛は必要なことでもあるけど、それが人生の邪魔になっちゃうときがある。

 

おいしいものを食べるのはステキなことだ。

頑張ったご褒美だったり、ストレス解消だったりしてそれはそれでいい。

それが行き過ぎると過食になる。

いつのまにか習慣になるとそれが当たり前になってしまう。

セックスがないと落ち着かない気持ちになる。

子供がおもちゃをとりあげられたようなどうしようもない気持ちになる。

 

それは単なる習慣だから、その気持ちを恐れることはない。

怖がらなくていい。

 

SMも同じだ。

飼われていないとこころに空洞があるように思う。

M女が、それが満たされないで悶々としているなら奴隷になった方がいい。

 

SMに依存しないために

 

ならどうするか。

 

今の自分を認める。

それから、自分にやさしくする。

 

自分はほんとうは知っている。

温かく、やさしく、けなげな自分をしまい込んでしまっている。

 

頑張っている自分、さみしい自分、頼りない自分。

愛しい自分、かわいい自分、一生懸命な自分。

 

悩むことは、それを乗り越えようとするこころの意思だ。

成長したがっているこころが悩ませる。

 

僕たちはきれいごとだけじゃ生きていけない。

Mの部分とちゃんと向き合っていい。

人は性の問題を隠そうとするけど、人生の中でそれは無視できない。

苦しんだり、悩んだりする必要なんてない。

もう頑張っているんだから。

 

相手をまず考える

もっというと、相手への依存は相手の愛を自分から求めることで相手はきつくなる。

そうじゃなくて相手に愛を与えるつもりでいるくらいがいい。

 

それは簡単なことだ。

相手の幸せを願えばいい。

相手を思いやれば、自分がこうされたいじゃなくて相手がどうしたいか、相手の幸せはどこかと考える。

奴隷でいるのも、お別れするのもお互いのことをちゃんと考えれば見えてくる。

 

それが大人の女で、男はそういう女性が好きだ。

すぐには無理でも、そういう努力すればいいだけで自分はできないと嘆くことはない。

自転車だって転びながら覚えるし、水泳だって溺れながら泳げるようになる^^

 

だめな自分じゃない。

疲れているだけだし、さみしいだけだし、自分らしくできない自分を責めているだけだし。

 

自身がないのを見られるのを恥ずかしがりながら、命令に従って脱いでいくのがいい。

 

ホ・オポノポノ

 

ホ・オポノポノってハワイの癒しのほうほうというか、あるんだけど、4つの言葉を自分にいう。

「ありがとう」

「ごめんね」

「大好きだよ」

「大丈夫だよ」

って自分に言ってあげる。

 

傷つくのは、がんばっているからで、そんなのない人は傷もつかないし、依存にもならない。

中島みゆきも「ふぁいと!」って言ってる^^

 

マインドフルネス

 

そしてマインドフルネスっていうんだけど、自分に気づく。

グーグルでは、マインドフルネス瞑想って会社をあげてしているらしい。

 

もし奴隷になって、その部分を満たせたら、その自分をそっと見つめる。

頑張っている自分。

さみしがりな自分。

少しだけ弱い繊細な自分。

 

委ねたいのは、認めてもらいたいからだ。

ここ、大事なことだけど、認めてもらいたいのは、自分で自分のこと認めてないからだ。

まず、どんな自分でも今の自分を認めちゃう。

たとえばダイエットとか、もっときれいになりたいとか女の子だからある。

 

それは、今の自分を否定していることで、自分を嫌っている。

まず、どんな自分でもかわいい自分だ。

ダイエットしたいなら、まずダイエットをやめて、自然な生き方、ふつうの食事、愛のある当たり前のこころで生活すればいい。

僕は玄米を食っていて、納豆とかみそ汁とかで、たまにラーメンとか食う。

自分に自信はないけれど、自分を認めて自分を理解しようとする。

厳しくしたり、やさしくしたりする。

 

なんか書きながら涙でてきたけど、ほんとは自分しか自分のことわからない。

 

僕の奴隷だった子がいる。

僕はそのことほとんどを知っていて理解していた。

そのことがその子はうれしかったんだと思う。

 

だけどそれは、自分で自分のこと知らなくて理解していなかったからで、不安だったからなのが今はわかる。

 

だから少しずつでもいいから自分のこと、見つめてあげて少しずつ好きになってあげたらいい。

 

放っておいた自分のこころにごめんねって言ってあげたらいい。

 

そうすると、人間は成長しようとする生き物だから、止まっていた心が動きだして成長をしようとし始める。

 

その上で奴隷になるなら依存にならない。

 

出会いがもたらしたすてきな思いで

 

なんとなく始めたこのサイトだけど、いろんなメールがきた。

調教してほしいというメールも少しきた。

愛のあるSMはすてきだとか、SMに対する見方が変わったというメールもきた。

それで単純だから、うれしくて続けている。

もちろんかわいいペットが欲しいのもある。

メールで何度もやりとりもした。

 

東北の学生さんが大好きだったし、九州の子に惚れた。

お別れするとき、豊かな感性を多くの人に伝えるべきだといってくれた子もいる。

自分がMか確かめたいと調教されにきた子もいるし、処女でそれは守ってほしいという子もいた。

 

 

だけど、ペットになった子は素敵になってほしいし、ただ、性欲のためにしてるわけじゃない。

 

依存の話とずれちゃったけど、すてきなSMなら、変な依存にはならないとも思う。

 

M女は、縛られるとほんとにきれいだ。

 

Mの子は、Mであることを恥ずかしがることは絶対にない。

それは女性としてのかわいさで、健気さだ。

理解されない場合が多いから、周囲に話すことはないけど、それを満たしていい。

僕もふだんの人間関係はもちろんそういうことは言わない。

 

そして。

僕もそうだけど、SMだけが人生じゃない。

愛とかスピリチュアルとか思いやりとか、仕事とか夢とかある。。。

今辛くても、お天道さんはがんばってることをきっと見てる。

 

疲れたら休めばいい。

 

テレビを見て、芸能人を見て、ひとりぼっちの部屋で自分なんてって思う。

街でカップルを見て、自分はひとりだと思う。

理想の自分とのギャップに自分で傷ついて、自分を責める。

 

だけど、それって、みんなそうなんだよ。

一部の芸能人みたいにみんながさっそうと生きてるわけじゃない。

 

あっちこっちぶつかって、それでもなんとか頑張ってる。

そのことを、自分で褒めてあげないと自分がかわいそうだ。

ほんとに自分のことわかるのは、生まれた時からずっといっしょの自分だけなんだから。

 

自分と戦うんじゃなくて愛してあげたらいい。

依存しなければならない辛いものがあるから依存する。

それは感性が豊かな証だ。

成長するための再生のためにだけあるものだから、逃げるのではなくゆっくり向き合えばいい。

 

その上でSMするなら、そうしようと努力するなら、魅力的な大人の女になるだろうし、真剣さは瞳の深さでわかる。

 

みんながんばれ^^

 

-SMコラム

Copyright© あまいSM せつないSM  , 2018 All Rights Reserved.