縛られたい 奴隷になりたい 首輪をされたい 調教されたい M女のためのサイト

あまいSM せつないSM 

SMコラム

しあわせなSM 奴隷になるという自分の解放

投稿日:2017年1月16日 更新日:

SMに依存しちゃうというメールがくるときがある。

 

縛られた時だけ自分らしくいられる。

ほんとの自分をだせる。

だから、出会いサイトでいろんな人とそういう関係をしたり、探している。

こんな自分がいやになるというメールがくるときがある。

自分は淫乱ですと書いてきていた。

 

正直な素直なメール

 

それを、どう思うか。。。

 

私は正直だなあと思った。

自分の弱さをきちんと伝えている。

ほんとは、悩みを相談する時点でもう卒業しているんだと思う。

自分で答えは見つけている。

それを、確認したいだけなんだろう。

 

自分も孤独で、依存しそうになったときもあったからわかる。

 

しあわせって、感情で、ほんとの幸せはたぶんだけど、心の奥の領域にしかない。

平安とか、許しとか、ほんとは自分の中にもともとあって、それを探すために辛いことが起きるんじゃないかとメールを返した。

 

泣きながら読んでいますとメールがきた。

 

SMは、もっと素敵なものだから、辛いのを押しつぶすためにすると依存になるかもしれないから、そこと向き合って、それでもMならばSMをしていいんじゃないかみたいなことを書いた。

 

送信してから、もうひとりの自分が、お前は何をしてるんだといってきた^^

少し後悔した。

奴隷になってみるか? となぜ言わなかったのか。。。

 

だけど、ただ調教すればいいってもんじゃない。

もうひとりの自分がいう。

 

私はインドが大好きで、ヨガの先生もしていたことあるから、引き寄せの法則やアガスティアの葉を信じている。

ネイティブの人たちの自然とともに、感謝して、共生している生き方を尊敬している。

 

「自利利他」で仕事をしているつもりだ。

人のつながりもそうだろう。。。

 

きれいごとかもしれないけれど、いくつになっても人の善を信じていたい。

 

今の苦しみは、将来、とても貴重なものになる、みたいなことを書いた。

自然は、乗り越えられない試練は与えない。

起きていることはすべて必然で、学びのためにほんとは自分が引き寄せている。

人は、向上したがる生き物だから。

 

頑張れと書いた。

青い鳥は、心の中にしかない。

外に探してもない。

 

一人でいる時、カップルや幸せそうな家族を見て、自分と比べる。

そういう時期は誰でもある。

それは、人の痛みをわかるための必要な時間だ。

それがなくて大人になった人は、そういうのわからない。

さみしさを体験しない人に、人のさみしさなんかわかるわけない。

SNSで、ごちゃごちゃしているのは、ほんとはさみしいからだ。

それをSNSで、何食ったとかどこ行ったとかでごまかしている。

 

もっと自分と向き合えばいい。

インナーチャイルドは膝を抱えて泣いているかもしれない。

そこと辛いけど向き合って、叱ったり優しくしたりする時間が、孤独の時間だから、とても貴重な時間だ。

さみしいのは、心の奥がそれを癒してほしいと願っているからだ。

ごまかすんじゃなく、向き合うことはとても大切なことだと思う。

そうしながらなら、SMする価値はある。

私に奴隷志願してきたらいい(笑)

 

ごくたまに、淫乱メス豚の○○をぐちゃぐちゃにしてくださいとかの汚い言葉のメールがきて、さみしくなる。

SMは、もっときれいなもので、精神的なものだ。

主従のつながりの深い関係性だ。

出会いサイトのノリもある。

 

私はSだから、どれいにしてくださいとか、悩んでいますとか、真剣な人としかしない。

 

ポジティブにSMの世界に入ろう

 

MならMらしくいてほしい。

真剣に、さみしさとか、マゾの自分に悶々としているとかちゃんと書いてきてほしい。

僕がであったすべての、M性のある女性は、思いやりのある女性だ。

それはM女性としての大切な魅力だ。

自分のそういう、良い面を見つめてあげたらいい。

大人は、そういうことを見る。

 

そういう女性が素敵な女性で、Mであることは、さみしいとかあまえたいという願望でそれはかわいさだ。

こころが輝きたがっていることだろうし、どきどきワクワクしたいんだ。

飯食って、仕事して、起きて寝て、クそしてだけが人生じゃないと、どこかで希望を感じているからだ。

だからM女はステキで、恥ずかしがることも、責める必要もない。

ステキなことだと気づいた方がいい。

 

辛いことはだれでもある。

それをうずめようとして、刺激の強いものを求める。

それが、お酒だったり、過食だったり、薬物だったり、セックスだったりする。

それは、辛いものにフタをしようとするじぶんのこころだ。

 

そうしないとバランスがとれないからだ。

 

それは、そこまで一生懸命生きてきたからだ!

ほわんと、適当に生きてきたらそうならない。

 

そんな自分をちゃんと見つめたらいい。

 

その上で、マゾならば、ちゃんと大切にしてくれる飼い主についていけばいい。

それは解放で、堕落じゃない。

 

依存じゃなく、ポジティブに、奴隷になった方がいいんじゃないかあな、と思う。

 

ミュータントメッセージという文庫本がある。

アボリジニの生き様が書いてある。

ネイティブアメリカンの祈りの本もある。

そういうの読んでみても面白いと、返信した。

 

なんか偉そうなこと書いて、送信してから、また後悔した。

 

白い体を縛りたいし、かわいい女性が奴隷になっていく様やしぐさを近くで見たいのに。

 

さみしがりで、人に説教垂れるほどえらくもないくせに。

 

馬鹿だなあと、じぶんがいった。

 

いいじゃねえかと、もうひとりの自分がいった。

 

-SMコラム

Copyright© あまいSM せつないSM  , 2018 All Rights Reserved.