縛られたい 奴隷になりたい 首輪をされたい 調教されたい M女のためのサイト

あまいSM せつないSM 

S男性ブログ

真剣で、きれいで、愛のある、あまい、せつないSM 

投稿日:

 

 

 

俺は飼い主だったからわかる。

みんな、まっすぐに、真正面から人生を生きていた。

きれいに、社会に対応できる自分。

愛や奉仕で、お互いさまで、皆に好かれる自分。

いつのまにか、それが大事になってしまっている自分にも気づいていた。

それでも、それを否定などできない。

だけど。。。

女としてそれでいいのか。

暮らしにうずもれていいのか。

Mの自分をどうしたらいいのか。

 

人生は愛で、思いやりだ。

すべては学びで、命は聖なるものだ。

だけど、人は、きれいごとだけじゃ生きられない。

学者が理屈をこねても幸せとは遠い。

ホーリースピリットは、自分らしくあれ、そこから歩きだせばいいって。

ほんとうの自分と向き合って、悩んで、苦しんでやっとわかることも、ある。

寄り道が人を向上させる。

野の花こそきれいだ。

月とよく似合う。

人生って、そんなところから始めていい。

 

だから、一線を越えた。

どこまでもどこまでも、悩んで悩んで、勇気をだした。

自分を変えようとしたり、今の自分を認めようとした。

そして、今の自分を超えようとした。

今いる場所が最高の場所なんだということを、もう読まないかもしれないけど、わかってほしい。

花が咲かないなら、根を下へ下へと伸ばせばいい。

経験しない人にはわからない、大人の女に、ステキな女になる。

そん時、酒でも飲みたい。

 

本当に比べているのでは絶対ないけれど、真剣に向き合ってくれた女性は、すべてステキな女性だ。

 

東北の冬はどこまでも白い。

小さなアパートで、参考書が散らかっていて、布団が乱雑で、ひとりぼっちで生きていた。

”さみしくてメールしちゃいました”と書いてきてくれたのを、部屋を見てぜんぶわかった。

送った首輪をしたあどけない顔の写メを見たとき、俺は自分が穢れていると感じた。

お好み焼きを二人で食べた。

手に落ちて溶ける雪の結晶をふたりで見た。

街灯が雪を照らしていた。

しんしんと空から落ちる雪が気持ちをきれいにしてくれたのは、いっしょにいたからだ。

お年寄りの施設で披露した踊りを、カラオケボックスでいきなり踊った。

帰るとき、無口になって、二人になったとき、抱きついて泣きだした。

どこまで心がきれいなんだと思った。

人生を共にするパートナーがいないと、さみしがりだからだめで、それは俺じゃないと感じた。

だからじゃましちゃいけない。

まだまだ若いから、これからいろいろあるだろうけど、ちゃんとできると信じている。

S^^。

絶対に忘れない。

 

相手が若いからお別れした文章を読んで、それじゃあ、さみしいじゃないですかと、心配してくれた。

飛行機できてくれた。

気立てがいいから、ある意味純粋な分、単純だから、人が、社会が求める自分に無理になろうとしていた。

それは優しさだ。

浜焼きを二人で食べた。

浜辺で寝転んで、カモメを見ながら、もうすぐ会えなくなることをさりげなく感じていた。

鎌倉に、股縄でデートした。

Mとして、裸でエプロンでご飯を作ってくれた。

ちらちらと俺を見ていたのは、俺を心配していたからだ。

またくるために服を置いていけといって、たくさん置いていったのがうれしくて。

それを段ボールに詰めて、手紙をぐしゃぐしゃにして入れて送って、心が空っぽになって。

いきなり、飛び込んできた。

将来をともにしてくれようとしてくれた。

俺のために、私は幸せになると、かわいいお母さんになると言ってくれた。

結婚式には、俺はこっそり陰で祝福したい。

K^^。

ずっといっしょにいたかった。

 

頑張って頑張って頑張って生きていた。

女として、私はこのままでいいのか。

ご飯を作って、洗濯して、となりのおばちゃんにゴミ出しでちゃんと挨拶して。

いい人だと思われないと、誤解されるから無理をして生きていた。

そんな自分に、これでいいのかという思いがあった。

若いときは、きれいな時はいましかない、それを暮らしの中でうもれてしまうのか。。。

女としてそれでいいのか。。。

勇気をいつも感じた。

奴隷のポーズも、後ろ手も、苦っと口元を結んで、それが、派手ではなくて、それでいて挑むような感じだった。

そのころ、心を震わせながら見ていた。

わずかな時間、横浜で会ったとき、あくまで純粋だった。

女として、責められて感じて、うっとりして。

あの数時間は、ふたりだけのものだろう。

俺とのことではなく、人生が純粋で、すべてをきれいに見ようとしていた。

それに少し苦しんでいた。

俺を思ってお別れを選んでくれた。

大好きですと言ってくれた。

時間が運命をまた近づけてくれたとき、また会える。

C^^。

おじいさんになっても忘れない。

 

M性と自分の人生と両者のバランスをとろうと一生懸命だった。

こっちも真剣だったし、相手も真剣だった。

心の奥に、ちゃんとある。

 

引き寄せの法則ってあって、SMの主従は、ちゃんとした真剣な関係だろう。

最初はお見合いのような感じかもしれないけれど。

関係性は少しずつ深くなるものだろうけど。

 

このサイトを読んでそう思ったらそれでいいので、自分でちゃんと考えたり、思ったりしたらいい。

 

サイトを読んで、SMへの向き合い方が変わりましたと、ステキなものだとわかったと思うなら、それはそれでいい。

ご主人様に出会えましたと、自分の飼い主は自称で心がないとわかりましたというメールがくる。

それはそれでいいし、よかったと思う。

 

自分のM性を確かめたい、だけど結婚しているから、生涯で一度だけ体験したい。

私は処女だけど、管理されたい、調教されたい。

生活のため、愛人女王様になる、一度だけ記念に調教してほしい。

セラピストで、だけど女としてMとして人生の最後として俺に向き合おうとして。

自分のM性を抑えられない、どうしたらいいかわからない、どうしても一度調教してほしい。

 

一度だけだったけど、真剣なステキな女性とも向き合えました。

多くのことを感じ、女の人生っていろいろだなあって、学ぶことができました。

俺はいつか、人間賛歌の小説に書こうと思います。

ありがとう^^

 

みんな、がんばれ^^。

 

-S男性ブログ

Copyright© あまいSM せつないSM  , 2018 All Rights Reserved.